« 1150RT ヌクヌク度 | トップページ | Rブレーキパッド交換 »

マフラーを磨く(準備編)

2010年3月12日(金) 82,450Km

かねてから気になっていたマフラー(エキパイ)のお手入れをしようと思います。

1150RTの排気管は、見たところ前半がステンレス地肌。後半(サイレンサー部)はメッキ処理されています。

今回のターゲットはステンレスの部分。
茶色く焼けて、汚れなどもこびりついてしまっている上に、一部錆も出ていて見た目汚いです。
先日少しだけこすってみましたが、手も入りやすいですし、頑張ればだいぶきれいになりそうな印象です。

20100221e_rt_muffler2 20100221d_rt_muffler ←ちょっとだけこすってみたの図

本格作業のために準備したものは

  1. スポンジ研磨材
    塗装下地用研磨材。
    #800相当でしょうか。以前買ったものを見つけてちょっとマフラーを磨いてみた(上の写真)のが今回の計画の発端です。
  2. オフセットサイザル研磨剤セット
    鏡面加工な人で評判?らしい道具。
    ディスクグラインダーにつけるアタッチメントと研磨剤2種類がセットです。
    新規購入。購入元はエイビットさんで2540円。(この値段、効果が期待通りなら安いけど、期待はずれならキツイ!)
    今回の目玉です。
  3. ヨシムラ ステンマジック
    マフラー磨きの定番。
    焼けたステンレスマフラーをぴかぴかに復活!という魔法のケミカル。(塩酸?)
    上のサイザルが入らないような狭いところや、裏側に使う予定。
    新規購入。ライコランドで2000円くらいでした。
  4. ワコーズ メタルコンパウンド
    これも定番。以前から使用しているものです。
    仕上げ用ですね。
    20100312a_rt_wakos
  5. ウエス類

こんなもんでしょうか。ほんとはマフラーを外して作業したほうが良いのでしょうが、今回はカウルは外しますが、マフラーはつけたままでどこまでできるか挑戦です
あとは気合と体力で勝負です。

|

« 1150RT ヌクヌク度 | トップページ | Rブレーキパッド交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マフラーを磨く(準備編):

« 1150RT ヌクヌク度 | トップページ | Rブレーキパッド交換 »