« 退院 | トップページ | マフラーの錆 »

まずまず快調

2010年3月23日(火) 82,810Km

先日に引き続いてフューエルクレンザーで燃焼室のカーボンを焼ききる為に高速道路を走行しました。

朝の湾岸線は、首都高環状線ほどではないにしろ好きなペースで走れるほど空いていはいません。
そんな中、できるだけ5000rpm以上をKeepしての45分でした。

ダイレクトイグニッションへのコネクター修理から帰ってきた海王。1週間のブランクがあるので正確な比較は出来ませんが、修理前となんとなく変化した点があります。
それはエンジン回転のひとつひとつの振動の"粒(つぶ)"が大きくなったような点です。
以前レギュラーガソリンを試していたときに、久しぶりにハイオクを入れたときに感じた印象と似ています。

【参考記事】
ハイオクを入れた  2008年7月24日(木)24,400Km

今回のコネクター破損は、14日の作業でトドメを刺したことはほぼ間違いないでしょうが、その前から傷んでいたと考えられますから、ちゃんと火が飛ぶようになってこういう変化が現れたのかもしれません。
そういう意味では、この状態でもう一度同調はとったほうが良いのかもしれません。

それ以外は、回転もまろやかスムーズで調子は上々です。(まあ、これだけぶん回せば大抵調子よくなるものです)
但し、こういった使い方をするにはXF-08(5w-40)は軟らかすぎるかもしれません。高回転をホールドするのに多少心理的に抵抗を感じます。

まずまず快調
↑先日片肺になってディーラーに預ける際に気づいたマフラーの焼け。ちょっと前までこんなに焼けていなかったのですが・・・・。
サイレンサーの根元から半分くらいが黄金色に変色してきています。
エキパイと一緒にこちらもお手入れしてあげなければ、です。

|

« 退院 | トップページ | マフラーの錆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずまず快調:

« 退院 | トップページ | マフラーの錆 »