« 1台のバイクと長く付き合う、ということ | トップページ | 1150RT中古事情(2) »

ソニーの自転車ナビ「NV-U35」は使えるか?

2010年3月1日(月) 81,350Km

ソニーから「自転車ナビ」機能を備える3.5型の防滴モデル「NV-U35」が発売されます。
バイクに使えそうなナビとしてはガーミンに次ぐ防水(防滴)モデル、これで実勢価格37,000円前後ですから気になる存在です。

20100301a_rt_nvu35_d

バイク(モーターサイクル)での使用を考えると、ガーミンZUMO550との比較をしないわけには行きません。

20100301b_rt_zumo550

仕様で比較すると以下のようになります。
文中のマークは (○勝ち ●負け □同等)

  1. ナビ部
    【U35】 
    □3.5型TFT(QVGA) (320×240)
    ●測位方式等 不明
    □操作 タッチパネル ボイスガイダンス有
    ○表示モード 3D地図表示/ハイウェイマップ/徒歩モード/徒歩ナビ/自転車モード
    ○内蔵メモリ8GB
    【ZUMO】
    □3.5型TFT(320x240)
    ○測位方式等 SiRF社製20チャンネル高感度GPSエンジン「StarIII」
    □操作 タッチパネル ボイスガイダンス有
    ●表示モード トラックアップ/ノースアップ/3D表示
    ●内蔵メモリ2GB
  2. 付属地図データ
    【U35】 
    ○25m-800km(17段階)、全国1,335エリアの詳細地図
    ●全国の「号」までの住所検索データ(約1,000万件)
    【ZUMO】
    ●日本全国1/25000レベルの道路情報
    ○住所検索は地番・号レベルまで(約2000万件)
  3. 外部インターフェイス
    【U35】 
    □Hi-Speed USB
    □メモリースティック デュオ
    ●Bluetoothなし
    【ZUMO】
    □USBインターフェース
    □SDメモリ
    ○Bluetooth
  4. 防水・取り付け
    【U35】 
    ●IPX5相当
    内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる直接噴流水を浴びても、性能を保持できること。
    【ZUMO】
    ○ウォータープルーフ性能(IPX7)
    常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても内部に浸水がなく性能を保持できること。
  5. バッテリー
    【U35】 
    □約4時間(通常モード)
    【ZUMO】
    □電池駆動 最大約4時間
  6. 価格
    【U35】 
    ○37,000円程度?
    【ZUMO】
    ●93,660円(いいよねっと)

価格差を見ただけで、比較することが馬鹿らしくなりますが、それぞれを一言で表すと
U35:チャリでも使えるお手軽ナビ
ZUMO:玄人好みの本格派

ということでしょうか。

ちなみにU35の自転車ナビたる所以は、防滴機能、自動車が通れないような細い道も案内、サイクルコンピューター機能のことを言っているようです。
防滴以外はモーターサイクルには無関係ですね・・・・。

実際、SONYのHPをみるとU35には「その他の便利機能」としてテレビ番組の持ち出しとか色々書いてあります。
目的地への経路案内も丁寧で(3.5インチでどこまで見えるかは別として)"一般ウケ"しそうな商品です。
一方ZUMO550は質実剛健というかヘビーデューティーなつくり。スペック上は防水性能とBluetoothくらいしか勝てませんが、何故か"本格派"な雰囲気です。

【まとめ】
ソニーの自転車ナビ「NV-U35」をバイクで使用することを考えたとき、大雨の中をケース無しで使うことは出来ないでしょうが、ちょっとした小雨で慌てないで良いことの便利さはバイク乗りなら誰でも知っていることです。
そしてなんと言ってもZUMOより圧倒的に安い!
これからバイクにナビをつけたい、と考えている人にU35は最もお得な商品だと思われます。

-

-

-

-

-

-

-

-

【天邪鬼なはるかぱぱの場合】
はるかぱぱがバイク用ナビに求めるのは正確な現在位置の表示と見やすい地図情報です。目的地への経路案内は(少なくともバイクでは)まったく使いません。
その昔、初めて買ったカーナビ Sony NVX-F10にはその程度の機能しかありませんでしたが、今まで使ったナビの中で一番使いやすかったと思います。
 
【関連記事】「バイクでカーナビ」について考える 2008年11月2日(日)33,000KM 

理想は、

  • 4インチくらいの薄型ディスプレイに見やすい地図
  • 目的地方向を直線で示す程度の機能(音声ガイド不要)
  • 完全防水・防塵、できるだけ頑丈
  • 軌跡データが出力できること
  • バッテリーで10時間以上稼動

これが実売3万なら迷わず買いますし、10万円でも迷ってから買うと思います。
その意味で今使っているハンドヘルドGPS ガーミンeTrex Legend HCxのほうが理想に近いかもしれません。(よかった、NV-U35の価格を見て慌てて予約しちゃうところでした)

参考:eTrex Legend HCxの仕様

1.ナビ部
3.3cmx4.3cm(2.1型相当),176x220ピクセル
測位方式等 WAAS対応 高感度チップ
操作 本体ボタン
表示モード トラックアップ/ノースアップ
内蔵メモリ??

2.付属地図データ
1/20万 全国道路地図

3.外部インターフェイス
USBインターフェース
microSD
Bluetoothなし

4.防水・取り付け
ウォータープルーフ性能(IPX7)
常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても内部に浸水がなく性能を保持できること。

5.バッテリー
電池駆動 最大約25時間!

6.価格
58,800円(いいよねっと)

|

« 1台のバイクと長く付き合う、ということ | トップページ | 1150RT中古事情(2) »

コメント

おひさしぶりです。
NV-U3が出た時から使ってます。

RTには専用のクレードルで

SS(SP2)には吸盤付のナビバックで

使ってますが、そんなに不便を感じたことはなかったですよw

35は確かにモニターが小さいですね。

本音はガーミンが欲しかったのですが・・・

レンタカーにでも持ち込めるU3で大変満足しております。
あとはブルートゥースの搭載のみですね!

投稿: TeeRaa | 2010年3月 2日 (火) 02時34分

TeeRaa さま
おひさしぶりです。
RTユーザーはナビを使用している人が多いですね。長距離を走るとか、比較的「場所がある」とかが理由でしょうか。
ガーミン以外にも、クルマ用ポータブルナビ流用など人それぞれでのようです。こういうものの搭載方法って性格がでるようで面白いです。
はるかぱぱ的にはZUMOかU35をメーターパネルにビルトイン装着できないか想像を巡らしていたりします(笑)

投稿: はるかぱぱ | 2010年3月 2日 (火) 20時10分

>メーターパネルにビルトイン
いいですよね~ビルトインw

純正?って思えるくらいの完成度だしたいです。

カーオーディオ系ショップならキレイにインストールしてくれそうですよね!
しかし、施工費がwたか~い。(ワンオフなんでしかたないんですけどね!

ナビに関しては欲をいうと小さめでメーターより
上にくるような位置に欲しいです。

タンクの上につけています。
ある意味、脇見運転状態ですから・・・恐い目に何度か(><)

投稿: TeeRaa | 2010年3月15日 (月) 17時13分

自転車ナビを探し中参考にします。

投稿: さとし | 2011年10月 9日 (日) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーの自転車ナビ「NV-U35」は使えるか?:

« 1台のバイクと長く付き合う、ということ | トップページ | 1150RT中古事情(2) »