« テレレバーからフォークオイルが漏れた・・・ | トップページ | レッドウィングのソール張替え 完成 »

スロットルケーブルの調整

2010年2月11日(木) 79,857Km

先日、同調作業を実施しましたが、いまいちすっきりしないので、スロットルケーブルの調整からやり直しました。

1150RTのスロットルケーブルの調整は、
(1)ハンドルの右(スロットル)部
(2)左スロットル部
(3)右スロットル部
の3箇所で行います。

作業の順番は

  1. (1)のロックナットを緩めてケーブルの遊びをゆるゆるにす20100211a_rt_leverる。
    (マニュアルには1mmにすると記載有)
    【確認】
    この状態でスロットルから手を離して、スロットルバルブが左右とも完全に閉まっている事。
  2. エンジン始動&暖気
    しっかり暖気されている必要があるので、作業前に走行して暖めておいたほうが良い。
    暖気後にバキュームゲージを接続
  3. アイドリング回転数同調
    アジャストスクリュー(真鍮)を回して回転数を1100rpm-1150rpmに調整する。
    左右バキュームの値も一致するようにする。
    【確認】アイドリング(スロットル閉)時の左右負圧が等しい事
  4. (2)のロックナットを緩め、ケーブルアウターの長さを調整
    20100211b_rt_jhエンジンをかけながらアウターを長くする方向で調整していくと、バキュームゲージの読みが変化する点がある。(この点が遊びなしの状態)
    変化する点を見つけたら、少しだけ戻しておく。
    ケーブルを少しゆすったりしてヒステリシスを無くして調整するのがコツです。
  5. (3)のロックナットを緩め、ケーブルアウターの長さを調整20100211c_rt_rh
    エンジンをかけながらアウターを長くする方向で調整していくと、バキュームゲージの読みが変化する点がある。(この点が遊びなしの状態)
    変化する点を見つけたら、少しだけ戻しておく。
    ケーブルを少しゆすったりしてヒステリシスを無くして調整するのがコツです。
  6. アクセルを煽り、左右の針の振れが等しいことを確認
    どちらかの針の動きが遅れるようであれば、4.と5.の作業が不確実ということ。この場合ケーブルアウターを短くする方向で調整する。
    ※ここでケーブルアウターを伸ばしてしまうと、アイドリング時にスロットルバルブが開きっぱなしになってしまう可能性あり。
    【確認】3000rpmでも左右負圧が等しい事
  7. (1)にて遊びを少し詰める。(マニュアルでは0.5mm)
  8. (1)(2)(3)のロックナットを締める。(締めるときにケーブルが回転しないように注意!
  9. 最終的に、アイドリング回転数/2000rpm/3000rpmでバキュームゲージの値が左右で揃っている事を確認。

以上です。

1~3はスロットルバルブ全閉状態(つまりアイドリング)の調整。
確実にスロットル全閉にする為に(1)を一旦緩めておきます。
スロットル全閉時の空気量調整は真鍮アジャストスクリューで行います。

4~6は左右のワイヤーの張りの調整。
(2)(3)の調整で、左右スロットルの張りを調整します。
張りが異なるとアイドリングが揃っていてもスロットルバルブの開き方が左右で異なってしまいます。

尚、スロットルバルブ閉の状態で、TPS(スロットルポジションセンサー)がアイドリング状態を感知するようになっています。
これはバッテリーを一旦外し、モトロニックを初期化した後に再度バッテリーを接続、スロットルバルブを1,2回全閉→全開を繰り返すとリセットされます。
通常ずれるものではないと思いますが、参考までに。

ちゃんと調整を済ませてテストラン。
すばらしく快調になりました。

先週は短時間で中途半端な作業をしてしまったので、回転フィールは良くなったのですが、スロットルオフ時にゴボゴボいうことが増えてしまいました。アジャストスクリュを緩めすぎだったのでしょうか。
上に記したアイドリング時の調整と、左右ワイヤーの張りの調整を混同するとこういったことになります。(反省)

やはりマニュアル通りの作業が大切ですね。

20100214a_rt_cable_2 20100214b_rt_bowden

20100211d_rt_meter

|

« テレレバーからフォークオイルが漏れた・・・ | トップページ | レッドウィングのソール張替え 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スロットルケーブルの調整:

« テレレバーからフォークオイルが漏れた・・・ | トップページ | レッドウィングのソール張替え 完成 »