« 春の計画 -独鈷の湯- | トップページ | CB1100というバイク »

バッテリーの調子

納車時に新品にしてもらったバッテリーが弱ってきたので交換したのが昨年12月、38,600Km時点でした。
 【関連記事】 バッテリー交換  2008年12月20日(土) 38,600Km

それから14ヶ月、42,600km使用を続けていますが、さて、その近況は・・・。

また寒い季節がやってきて、バッテリーの衰えを感じ足したのは

【関連記事】 そろそろバッテリーが・・・ 2009年12月6日(日) 74,076Km

でご報告したとおりです。
このときはスターターモーターも内部のグリスが硬化していて回りが悪くなっていたのでしょう。
スターターを交換したところ、朝の心配はかなり軽減しました。
あわせて、毎晩Optimate4で補充電をするようにした為、朝の気温が氷点下になってもセルの回りは元気です。

一般的にバッテリーの衰えはエンジンスタート時に最も影響しますが、それ以外には

  • ウィンカー点滅にあわせてヘッドライトやメーター照明が暗くなる
  • ヘッドライトが暗くなる
  • エンジンスタート後にABS警告が消えなくなる(BMWバイク固有)

等に現れます。
海王にはそれらの症状は発症していないので、バッテリーはまだ大丈夫、ということでしょうか。
毎日100Km以上をコンスタントに走る海王の使用条件は、バッテリーには有利なものでしょうから、10万キロくらいはこのまま使いたいところですが、最近のMFバッテリーはある日突然ダメになることもあるので、油断は出来ません。
MFバッテリーは補充電はできても補水はできません。水分の蒸発は防ぎきれないと思うのですが・・・・・、中途半端ですね。

毎年2月にディーラーが行うバッテリー割引セールを利用しようと思っていたのですが、そんなんでタイミングを逸しました。
来年まで持つでしょうか・・・・。

|

« 春の計画 -独鈷の湯- | トップページ | CB1100というバイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーの調子:

« 春の計画 -独鈷の湯- | トップページ | CB1100というバイク »