« 朝日の下で | トップページ | メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT が減ってきた »

寒冷時の燃費、オイル消費について

2010年1月27日(水) 78,500Km

いよいよ冬本番。今朝は氷点下4.5度でした。
そんな寒さでも海王は満員電車よりはずっと快適な通勤快速です。

そんな中でも燃費やオイル消費に変化が見られます。

昨年9月より詳細な燃費を記録しはじめましたが、寒い時期が始まって徐々に数値が悪化しています。最近は1リットルあたり16Km台で推移しています。結果18Km/リットル以上で推移していた平均燃費は17.7Km/リットルまで悪化してしまいました。

空冷エンジンの特性か、燃焼室温度を保つ為に濃い目の混合気が噴射されているのでしょう。当初はどこか不具合を疑ったのですが、先日偶然2日ほど暖かい日があって、2往復(300Km)ほど10℃以上の外気温の元で走ったところ17.4を記録しました。やはり気温の影響は大きいようです。

同様にオイル消費も多くなっています。
朝は氷点下の走り出しになることが多いですが、そういった使い方をしていると1000Kmで500cc近く消費することも珍しくありません。
オイルの入れすぎは良いことがありませんが、あまり少なくて熱量が下がると外気温の影響を受けやすそうなので、600Km毎くらい(つまり毎週末)に調整するようにしています。

BMWに限ったことでなくバイク全般にいえることですが、そういった点はまだまだ「機械」を意識させられるところが残っていて、ほとんど乗りっぱなしOKのクルマとは違いますね。

一般的に寒い季節といえは始動が不安ですが、スターターモーターを交換し、バッテリーは毎晩OptiMateで補充電するようにしてからはこちらはまったく問題ありません。

|

« 朝日の下で | トップページ | メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT が減ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒冷時の燃費、オイル消費について:

« 朝日の下で | トップページ | メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT が減ってきた »