« メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT その後 | トップページ | 77,777Km »

HID導入計画(番外編)  バーナーのシェードについて

2010年1月17日(日) 77,400Km

完結した筈のHID導入ですが、未だ細かい部分をいじくっています。

気になっているのは、マルチリフレクタータイプのヘッドライトユニットにシェード無しのD4S規格バーナーを入れている事による対向車や先行車への迷惑。

そもそもバーナー自体のシェードは、ハロゲン球は光る部分が(フィラメントがある)1箇所であるのに対して、HIDはバーナー先端から根元まで広範囲に光る為に取り付けられています。
特に問題なのが根元部分が光る事で、その光はリフレクターの中央付近に反射して上方へ照射されることになります。

とりあえず、使っていないPIAA製D4Rバーナーのシェードを加工。根元部だけにしてみて使ってみました。

20100117a_rt_sunset
↑夕暮れ時のライトオン。

20100117b_rt_light
↑たしかにD4Sに比較して眩しさが減ったような・・・・

20100117c_rt_burner_2
↑これが今回加工したD4Rバーナー。PIAAの5500ケルビンです。

20100117d_rt_burner2
↑左がD4R、右がD4S。D4Rのシェードはこんな形をしています。RTに使うと照射ムラが目立ちます。

眩しさは減ったような気もしますが、プラシーボ効果のような気もします。
明日後輩君に先行してもらって、D4Sのときとの比較をしてもらおうとおもいます。
相変わらず5500ケルビンは真っ白で見栄えしますが、明るさは4300ケルビンの勝ちですね。

ここでリフレクターとバーナーの位置関係を考えてみます。

20100118a_rt_refrector

バーナーの発光部がハロゲンバルブのフィラメント位置(図中ポイントA)だけであれば問題ないわけですが、HIDバーナーは先端部から根元まで光ります。
問題となるのは根元部の光(図中ポイントB)で、リフレクターにより近い位置から照射された光はより鈍角に反射して上方へ飛んでいきます。(図中赤線)
この光は、ヘッドライト正面から見たときに、リフレクター中央付近がまぶしく感じる原因になりそうです。
一方先端部の光(図中ポイントC)はリフレクターに対してより遠い位置から照射されますので反射は鋭角になり、フィラメント位置からの照射よりも上方へ反射することはないでしょう。(図中青線)
※実際は想定外の入射角によって拡散した光がライトユニット内で乱反射するので、ポイントA以外からの照射は多少なりともグレア光の原因になると思われます。

先端部の光に限らず前方へ照射される光はヘッドライトユニットのシェードが無いと殺人光線になりますので、これはバーナー自体のシェードの役割ではないでしょう。
バーナー自体のシェードで抑えるべきなのは、後方(リフレクター方向)への照射であって、そういう意味では根元部だけ隠せば相当効果的ではないかと考えられます。
同じ理由で、左右方向への遮光も(360度発光するという意味ではハロゲンバルブもHIDバーナーも同じなので)ヘッドライトユニット自体で対策されているはずです。バーナー自体にシェードなどの対策は不要だと考えられます。
バーナー自体のシェードを簡素化したいのには理由があって、D4Rのようなシェード(根元+先端+左右側部)があると照射範囲にムラが目立ってしまうのです。

とはいうものの、ハロゲンバルブに比較してHIDは段違いに明るいので、ハロゲンでは問題にならなかった「光漏れ」が対向車への迷惑になったりすることが考えられますが、これについてはリフレクターの設計そのものに起因している可能性も高く、そうなると素人では対策できそうもありません。
気になるのであればプロジェクタータイプのヘッドライトに換装するのが手っ取り早いかもしれません。

20100118b_rt_light 1150RTの場合、リフレクターの設計自体はそれなりにしっかりしているようなのですが、バルブ前に設置される遮光板(ハイビームのリフレクターの裏側です)とバルブの距離が離れすぎていて、斜め方向からはバルブが丸見えです。
ですからハロゲンバルブであってもHIDであってもRTの直前横方向には結構な光が漏れていて、信号待ちでとまった斜め左前のクルマがドアミラーの反射を眩しそうにすることがあります。
ハイビームのリフレクターの裏にさらに遮光板を追加するにはライトユニットを分解しなければいけないので、少し敷居が高いですね。

|

« メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT その後 | トップページ | 77,777Km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HID導入計画(番外編)  バーナーのシェードについて:

« メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT その後 | トップページ | 77,777Km »