« アイドリング回転数の調整/同調 | トップページ | 寒さ対策 »

暖機運転について

2009年11月29日(土) 73,453Km

昨夜給油をしてやっと燃費が普通の値(17.2Km/ℓ)に戻った事を確認しました。
 →燃費の悪化 2009年11月22日(日)

海王の場合、都内への通勤で使うと17~18の間で安定していました。17.2は少し悪目ですが、最近お台場のトレーラー渋滞が酷い(3車線全部をハザードを点けたトレーラーが列を成していている状態)ので、少し多めに燃料を使ったのかもしれません。

どうも一時的な燃費の悪化は、外気温の低下が影響していたようです。

はるかぱぱの場合、クルマでもバイクでも一般的に言われる「暖気」は行いません。普通エンジンをかけたら10秒後には走り出します。

RTにはカウリングが熱で溶けてしまう、とかいう特殊事情もありますが、そもそもドイツでは停車状態での暖機運転が(地球環境保全の為に)禁止されていて、そんなことしていたら警察に通報されてしまいます。

地球環境のこともそうですが、停車状態でアイドリングを続けると燃料室にカーボンが蓄積しそうですし、油圧も上がらないので状態でエンジンを回し続けるのは抵抗を感じます。
そもそもアイドリングでしっかり暖気をしたエンジンで調子よく走り出してしまうと、トランスミッションなんかは冷え切ったままなのでそちらへの負担が大きくなるだけでしょう。

そんな訳で、暖気は走りながら行うのがはるかぱぱの流儀です。走り出しは各部に負担がかからないような走りで徐々に暖めていく、という事です。

ところで最近の水冷エンジンでは、停車状態の暖気などしなくてもグズることなく走り出せると思いますが、空冷+キャブレター仕様のCB750では気温が5℃以下になるとオーバークールに悩まされました。
暖気なしでスタートして数キロ走るとエンジンがグズりだします。チョークを引いてもアイドリングを維持できなくなってしまいます。そうなるとスロットルを煽って回転を維持するのですが、もちろん燃費は激悪になりました。
仕方ないので流儀に反してある程度の暖気をしてから走り出すようにしていました。

1150RTは空冷+電子制御燃料噴射なので少し様子が違います。
海王の場合はチョークケーブルが減ってきてチョークが引ききれない(冷間時のアイドルアップが少ない)状態で、暖かい季節はチョークを引いても1800rpm程度までしかアイドルアップしなくなっていました。
 →スロットルケーブルについて 2009.04.21
 →
スロットルケーブルの再調整 2009.04.30
 →
スロットルケーブル再々調整 2009.05.04

ところが寒くなってからはちゃんと2200rpm程度まで上がってアイドリングしてくれます。
外気温にあわせて燃料の量が増量されているのでしょう。

そしてそのまま走り出してもまってく普通に走れてしまいます。
走れてしまうので走ってしまっていたのですが、よく考えると基本構造はCBと同じ空冷エンジン。自宅から出て10Km程度は田舎道なので信号も少なく60Km/h近くを維持できます。まだ油温が上がっていない状態でそういう走り方をすればオーバークールになるでしょう。
電子制御なので、燃焼温度をあげるためにどんどん燃料を増量する制御が働いていた可能性が大きいです。(CBのときは自分でやっていた事を自動制御してくれているわけですな・・・・・
結果16Kmを割り込むほどの燃費の悪化・・・・。

先日より走りながらの暖気方法をもっと丁寧に行うように変更しました。
油温を上げるために無闇に回転をあげるのは、エンジンオイルの急激な劣化やオイル内へのガソリン混入が起こるのでNGです。2000~3000rpmで、走行風で冷却が促進されないように40Km/h程度でソロリソロリと進みます。(田舎道で後続車がほとんどいないので出来ることかな)
その結果が上記の燃費。まずまずの結果でしょうか。

燃費悪化を認識してすぐにできる整備作業をまとめて実施しましたが、どれも交換部品に問題はなさそうで、「原因」とは考えられませんでした。
でも、

  • タイヤの空気漏れはリークポイントがわかって安心した(近々交換します)
  • オイル交換は定例交換時期
  • エアフィルターは同調実施時にはいずれにしても必要
  • アイドリング回転数/同調は、やるにはちょうど良い時期でしたし、結果とても調子がよくなった

ということでプラグ交換だけが無駄?だったってことになりますが、まあ、心配しながら乗り続けるのは精神衛生上よろしくないので安心料ということで納得しましょう。
 →燃費の悪化 2009年11月22日(日)
 →
タイヤの空気漏れ 2009年11月22日(日)
 →
定例オイル交換(11月) 2009年11月22日(日)
 →
プラグ交換・エアフィルター交換 2009年11月22日(日)
 →
アイドリング回転数の調整/同調 2009年11月22日(日)

|

« アイドリング回転数の調整/同調 | トップページ | 寒さ対策 »

コメント

はじめまして
同じバイアリッツブルーのRTに乗る
TeeRaaと申します。
いつも、楽しく拝見させて頂いております(__)LEDの小技やメンテナンスなど大変、勉強になっております。

暖機は僕も同じように考えております。

人間も同じことが言えますよねw

投稿: TeeRaa | 2009年11月29日 (日) 17時24分

TeeRaaさま
こんにちは。ブログ見せていただきました。
うどん、美味しそうですね。(そんなところに目が言ってしまう・・・)
私の幼稚な整備の様子が「勉強」になるかどうかは???ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: はるかぱぱ | 2009年11月29日 (日) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖機運転について:

« アイドリング回転数の調整/同調 | トップページ | 寒さ対策 »