« 表参道の車道にバイク駐車場、チケット制34台 | トップページ | タイヤの空気漏れ »

燃費の悪化

2009年11月22日(日) 72,915Km

四国から帰ってから燃費が芳しくありません。
いままで片道65Kmの通勤では、17~18Km/リットル程度で安定していたのですが、立て続けに16Km代に落ち込んでいます。

ちなみにエンジンの調子は絶好調で、排気が生ガスくさいなんて事もありません。

20091122a_rt_nenpi
上の写真は燃費管理に使っているCar Careの画面です。
赤で囲った区間燃費が、ツーリングから帰ってから悪化している事がわかります。

燃費の悪化の原因を考えてみました。

  1. タイヤの空気圧
    別途記載の予定ですが、Rタイヤは僅かに空気漏れを起こしています。先日計ったら2.0まで低下していました。いつも冷間時2.5にセットしていますので、0.5の低下です。これくらい下がると燃費は悪化しそうです。
  2. オイルの劣化
    オイルの粘度は使用するに従って高く(固く)なるそうです。但し、燃料や水分の混入で粘度が低下する度合いのほうが多くて、結果交換時にはシャバシャバしたオイルになっている訳です。
    今回は短時間に長距離を一気に走ったので、粘度が高くなって、抵抗が増えた、という推理です。
  3. プラグの劣化
    まだ交換時期ではありませんが、長時間高速走行をしたためにプラグが消耗した、という推理です。彼の地ではアウトバーンをバンバン走るのでしょうが、日本仕様が同じ番手のプラグを装備しているとも限らず、超日本的な使用ではこういったことも起こる?
  4. エアフィルターの目詰まり
    これもまだ交換時期ではありませんし、急に燃費が悪化する原因としては???ですが、まあ、可能性としては有でしょう。
  5. アイドリング回転数
    寒くなってきて、暑い時期に設定したアイドリング回転数が少し高めに変化してきました。エンジンマネージメントが外気温などを加味して調整しているようですが、1300~1400RPMにもなる事があって、燃費への影響も推察されます。
  6. 気にしすぎ
    そもそも燃費の悪化を認識したのはCarCareでその履歴が表示されるからです。親切にグラフまで出す事ができます。
    もしかしたら昨年も冬期は燃費の悪化があったかもしれません。
    キャブレター車であれば寒いほど燃費が好転するものですが、電子制御の場合は一概に言えないものです。

いずれにしても、気分が悪いので出来る範囲で対応を取りたいと思います。本日のメニューは
タイヤの空気圧調整後の燃費測定
オイル交換(ちょうど定例交換時期)
プラグ交換
エアフィルター交換
アイドリング回転数の調整/左右同調

さて、結果は如何に!

|

« 表参道の車道にバイク駐車場、チケット制34台 | トップページ | タイヤの空気漏れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃費の悪化:

« 表参道の車道にバイク駐車場、チケット制34台 | トップページ | タイヤの空気漏れ »