« パンク王の近況 | トップページ | 九十九里から利根川へ »

RIDの燃料計が壊れた

2009年9月16日(水) 63,400Km

昨夜帰宅しながら、ふと見るとRIDの燃料計がFull。既に100Km程度走っているのである程度減っているはずなのに・・・・。
とうやら燃料計が壊れたようです。

これは久々の!?ブログネタです(笑)。

とりあえず信号待ちでエンジンを掛けなおしてみたり、車体を揺すってみたりしましたが、状況変わらずです。

20090915a_rt_fuelmeter ←130Km走行後でもまだ満タン

考えられることは、

  1. タンク内にあるセンサー部分の故障
  2. RIDの演算/表示部の故障
  3. その間の配線の接触不良、断線等
  4. 海王の燃費がものすごく良くなった

です。
その後、今朝走っていると全部(10個くらい)がつきっぱなしになっていたRIDの目盛り(液晶のバー)が1つ消えました。ずれてはいるけど機能しているのかもしれません。(ちなみにこの時点では2/3位の表示になっているはずです)
このことから3.では無いようです。
ネット上で探しても同種事例は見つかりませんでした。(モデル固有の良くある不具合ではなさそうです)

センサー部が出力する抵抗値?に不具合が生じてこうなるのか、RID内にて受け取った値を演算する部分の抵抗か何かが狂ってこうなるのかだと思いますが、今のところ特定できません。
このまま燃料が減っていくとどうなるでしょう。
Low Fuelの黄色ランプは点くでしょうか?
その辺で判断できそうですが、目測を誤るとガス欠になるので要注意です。

【9月16日追記】
その後さらに200Kmほど走りました。
0~150Km 目盛り10(満タン)
150~220Km 目盛り9
220~230Km 目盛り8
その後 目盛り7→6→5と順調に減って、300Km走行で目盛り4
ほとんど正常に戻りました。
これでなおったのか、依然おかしいのかは、次回満タンにした後でわかると思います。

【9月17日追記】
昨夜一旦満タンにして、今朝までに80Kmほど走りました。
目盛り8(2目盛り減)です。
少し減りが早い?気もしますが、正常の範囲です。
先日の異常は何だったのでしょうか???
特にこの"何気ない"復帰の仕方が解せません・・・・。

|

« パンク王の近況 | トップページ | 九十九里から利根川へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RIDの燃料計が壊れた:

« パンク王の近況 | トップページ | 九十九里から利根川へ »