« 散財計画 | トップページ | 第3世代 iPod touchを買った »

バイクとクルマの違い

2009年9月9日(水) 62,600Km

普通、オートバイに乗っている人はクルマ(自動車)も運転することがあると思います。どちらもガソリンエンジンの動力をタイヤで駆動するって点は同じですが、違う点もたくさんあります。
大型バイクと普通乗用車の違いを考えてみました。

  1. 耐候性
    これが最大に違いでしょうか。何と言ってもバイクには屋根が無い。
    雨が降ったらびしょ濡れです。
    今ではクルマにエアコンは常識ですが、バイクでは夏暑く冬寒いのが常識です。
  2. 機動性
    普通のクルマは長さ4m×幅1.7m程度でしょうか。もっと大きいものも多いです。
    バイクは大型であっても長さ2.5m×幅1m程度ですから、都内で使うには特に幅の違いが機動性に大きく影響します。
    最少回転半径(クルマ6m以下、大型バイク3m以下)の小ささも相まって、機動性は圧倒的にバイクの勝ちでしょう。
  3. 経済性
    下記の通り、総じていうと大型バイクはクルマの1/4~1/3の負担、といえるかな・・・。
    【車体本体】
    そもそもこういった異種格闘技選手権的比較に意味があるかわかりませんが、大型バイクとクルマ、それぞれの中で同じような立場にいる車種の車体価格を比較してみます。
    ◆クラウンアスリート vs ホンダCB1300 SUPER BOL D'OR<ABS>
    500万円:バイク130万円(4倍)
    ◆三菱ランサーエボリューションX(GSR-Premium) vs ヤマハYZF-R1
    500万円:150万円(3倍)
    ◆メルセデスベンツ E320 CDI STATIONWAGON AVANGARDE vs BMW R1200RT Premium Line
    900万円 vs 250万円(3.5倍)


    【1年あたりの税金等】※0.5万円単位で四捨五入
    ◆自動車税
    5万円:0.5万円(10倍)
    ◆重量税
    2.5万円:0.5万円(5倍)
    ◆自賠責
    1万円:1万円(1倍)


    【燃費】
    それぞれですが、バイクのほうが悪いってことは少ないかな。
  4. 安全性
    一般的にはクルマのほうが安全だと言い切れるでしょう。
    特にぶつかってからの安全性(ケガの軽さ)はクルマが圧倒的に優位です。
    個人的にはバイクは視界が広く、ぶつからない為の安全性は高いと思いますが、なんといってもバイクには
    ・車輪が2個で自立できないという点で「不安定」→「コケル」→「危険」
    ・ボディがないのでぶつかったら即ケガ

    というイメージが付きまといますね。
  5. 工業製品としての完成度
    数売れているのはクルマなので、開発に掛けられる金額も桁が違うでしょう。機械としての信頼性等、クルマのほうが工業製品として完成度が高いといえます。
    実際両方を使い比べると、車のほうが良くも悪くも素人向け。バイクは実用というより趣向品の要素が大きく感じられます。
    度々行わなければいけないチェーンのメンテナンスや重いセンタースタンドの上げ下ろしなどは最たる部分でしょう。
    人とモノを運ぶ、という機械のパッケージングから見てもバイクは劣勢です。そういう意味では軽自動車は660ccで大人4人と荷物を載せて時速100Km出した上で燃費も15Km/リットル以上いきますからね。完敗です。
  6. 気分
    あくまで個人的な意見ですが、バイクには最近の良く出来た"クルマ"には失われてしまった「操縦する楽しみ」のようなものがより多く残っていると思います。
    楽ちんなクルマに対して楽しめるバイク、といったところでしょうか。
    もちろんクルマでもそれなりの場所でそれなりの速度で走ればそういう感覚を味わえますが、バイクの場合もっと低い速度域で実感できるのです。
    その理由は
    ・クルマがハンドル操作で曲がるのに対して、体を使って曲がる必要がある(スポーツ的要素)
    ・体が外気に曝されている(緊張感Up)
    ・パワステやオートマといった文明の利器がない(入力に対する出力が確認しやすい)

    等が考えられます。
  7. 世間の目
    バイクに対する世間の目は冷ややかです。
    自宅前で洗車しているときは通行人から温かい声を掛けてもらうこともありますが、それ以外では
    バイク=不良
    バイク=暴走族

    のようです。
    今日も会合で訪問する予定の都内某ホテルに電話をしてバイクの駐車スペースを問い合わせましたが、全くもって冷たい(というか失礼な?)扱いを受けました。
    駐車スペースの有無に関わらず、クルマではこういう扱いを受けたことはありません。
    暴走族(含類似団体)の行動は論外ですが、私達モーターサイクリストの「日頃の行い」がこういった偏見を生んでいるのかもしれません。残念です。

そういえば先日、バイクで帰宅後すぐに自宅のクルマ(ニッサン・ステージア)に乗り換えて出かける機会がありました。
今までそういった"乗り継ぎ"をすると必ずクルマの静かさと滑らかさに驚かされ、その「平和」な乗り心地に「クルマ」と「バイク」の乗り物としてのカテゴリーの違いを実感させられました。
ところが今回はエンジンのスムーズさ、路面の段差のゴツゴツ感などに大きな差は感じられなかったのです。逆にびっくりです。
最近絶好調を維持しているエンジンや、導入したばかりのコンフォートシートの影響でしょうか。ステージアがボロくなった、という可能性もゼロじゃないけどね・・・・。

|

« 散財計画 | トップページ | 第3世代 iPod touchを買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクとクルマの違い:

« 散財計画 | トップページ | 第3世代 iPod touchを買った »