« 眠眠打破! | トップページ | シューベルト C3 »

次期ヘルメットを選ぶ

2009年8月31日(月) 61,800Km

今使っているJ-ForceⅡが3年以上になるので、そろそろ更新したいと思っています。
今度は久々にフルフェイスも良いかな、と考えながら早速ネットで情報収集です。

今のところの候補は、
(1)SHOEI Z-6
(2)SHOEI X-eleven
(3)シューベルト C3
です。

(1)SHOEI Z-6
★機能上の特徴
何と言ってもQ.R.S.A.(Quick Release Self Adjusting)というシールドシステム。
密閉性が高く静粛性に貢献しているらしいです。
視界が広くなったり、曇り止めのピンロックシステムも実用的になったようです。
SHOEIもヘルメットはシールドの着脱がかんたんで、これだけで選びたくなるものです。
ベンチレーションはX-Elevenなどに比較すると弱いようです。

★実売価格
3万円弱。

★色やデザイン
小さ目の帽体を採用し、シャープなデザインは新鮮です。
買うならマヨルカブルーメタリックでしょうか。

★いざ買うとなると
通勤/ツーリングの使用にはこの程度で十分と思いながらも、J-ForceⅡより安いフルフェイスで大丈夫?と不安になってしまったりして・・。
20090831a_rt_z6_2

(2)SHOEI X-eleven
★機能上の特徴
SHOEIフルフェイスの最高峰。
SNELL規格をクリアしたレースでも使えるヘルメット。
但し発売時期の関係で、内装帯の種類やシールドなどは後発のZ-6のほうが高性能なものが付いています。

★実売価格
37000円~43000円

★色やデザイン
X-Elevenには綺麗なレプリカペイントが揃っていて、KAGAYAMA2(青)とかは秀逸。
あとで自分で塗ることを考えると差額6千円はお得?

★いざ買うとなると
年末には、QRSA装備のX-12が出るという噂も・・・。そうなったら悔しいですね。
この歳でレプリカっていうのも抵抗無くはありません。
20090831b_rt_kagayama2

(3)シューベルト C3
★機能上の特徴
あご部分が上に開けられるフリップアップ機構。
内蔵のサンシェード。
定評ある静粛性。
国産モデルに比較すると弱そうなベンチレーション。
内装の取り付け方法も華奢。
曇り止め機構つきシールドは掃除が難しそう。

★実売価格
定価販売。66,990円~68,040円
高っ!

★色やデザイン
上記価格は無地のペイント。
シルバー、黒系統の6色。明るい色は黄色のみ。
綺麗な青が欲しいです。

★いざ買うとなると
値段の件はともあれ、シールドや内装のメンテナンス(掃除)が難しそうなのが一番の懸念。
毎日使うので、掃除のしやすさは大きなファクターです。
まあ、一度買ってみるのも良いかと思いますが、そう考えると色がねえ・・。20090831c_rt_c3_open_2

|

« 眠眠打破! | トップページ | シューベルト C3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次期ヘルメットを選ぶ:

« 眠眠打破! | トップページ | シューベルト C3 »