« ハンドルアップアダプターをつける | トップページ | GPSログデータで遊ぶ »

高速道路で北関東を一周する

2009年7月4日(土) 55,555Km

天気予報では全国的にくもりか雨。かろうじて千葉周辺は一日降らずに済みそうですが、東名は名古屋以西は晴れでも静岡が雨。関越は長野が雨。東北は仙台が雨。どっちへ行っても雨は避けられそうもありません。それでも覚悟して北関東一周を敢行しました。

まず高速道路割引を有効に使うために、一般道で「桜土浦」でまで行き常磐道に乗りましょう。途中のGSでハイオク満タンにして13時過ぎ。いざ出発です。桜土浦までの道は良く使う道なので慣れたもんです。およそ1時間で高速に乗れました。

常磐道の友部JCTから北関東道に。北関東道は平成20年12月に常磐道-東北道間が開通していた、ということを途中のSAのトイレのポスターで知って、せっかくだからと走ってみることにしました。
あまり期待していなかったですが、これがとても気持ちの良い道路でした。高速道路なのに周りの風景が良く見えて、北関東の田園風景を満喫できます。結構気に入ってしまいました・・・。これからは日光に行くときもこの経路にします。

栃木都賀で東北道に合流。ここからは東北道で北上します。宇都宮を越え、那須を越え、ひた走ります。
東北道は山の中を走るか、高い高架部分が多くて景色が楽しめず、単調な高速道路です。時間はかかりますが、併走する国道4号線のほうがよほど走っていて楽しめます。とはいえ、信号待ちも無く1時間で100Km確実に進むという事は交通手段としては評価しなければいけませんね。高速1000円を体験すると、ようやく欧米並みの自動車移動が可能になったと思ったりします。

郡山JCTで磐越道へ。
磐越道は出来た頃(20年近く前)は片側1車線で、遅いクルマの追い越しは何箇所かある登板車線で、というお粗末なものでしたが、今は良く整備されて快適に走れます。坂が多いせいか制限速度が80Kmに設定されているのが少し残念です。

いわきJCTで常磐道に戻り、あとは帰路。南下します。
友部SAで燃料警告灯が点いてしまって、食事休憩とあわせて5リットルだけ給油しました。

このままでは1周して同じICで出る事になってしまうので、千代田石岡ICで一旦高速を出て、再度千代田石岡から桜土浦まで高速に乗りました。
往復?いずれも片道250円でした。

20090704a_rt_earth
↑全工程。時計回りに一周です。

20090704d_rt_1447
↑途中のSAでひと休み。この通りバイク用駐車スペースはガラガラ。

20090704e_rt_1655 20090704f_rt_1656
↑オドメーターがゾロメになりそうだったので高速運転中に撮影。
ちなみに「覚悟」していたのでレインウェアを着て走っています。
備えあれば・・・でしょうか、結局1回も降られませんでした。

20090704g_rt_1919
↑帰りの友部SA。祭りの出店のような雰囲気です。少し休憩を取りたかったので中のレストランで蕎麦定食を頂きましたが、味は・・・普通でした。900円也。

20090704h_2102
↑自宅近くまで帰ってきました。出光でセルフ給油中。フロント周りには虫がいっぱい。ノーズカウルだけでなくウィンドシールドやフロントフォーク前面などにも結構ついていました。

20090704i_rt_2133
↑到着。お疲れ様でした。

肝心のハンドルアップアダプターの効果ですが、これは大満足。
ともかくライディングポジションが大幅に改善されました。
今回のように、まっすぐなハイウェイを延々と走る、という状況でもその効果は大きいですが、一番効果を実感するのは、ちょっとした交差点を回りこむ時です。今まで(腕が短くて)無理をしていた事が良くわかりました。Up後はとてもスムーズに小回りできるようになりました。

今回は高速道路で意識して110Km/h(6速3500rpm)程度をキープするようにしてみました。ちょうど遅めの流れに乗って走る程度のものですが、取締りを気にすることなく、淡々と走るには適した速度です。
そのおかげか燃費は21.5Km/hを記録し、多分100Km/hにしたらもっと伸びたと思われます。

こうして長距離を高速道路で移動してみると良くわかるのがRTの乗り心地の良さです。海王は比較的荒れた東北道のザラザラした路面も不快な振動を感じず、かといってふわふわする事も無くネッチリと走っていきます。
サスペンションの固さ(柔らかさ)の設定もあるでしょうが、各部の取り付け剛性が高く、ガタが無いことによる緻密な乗り味がそう感じさせているように思います。

まあ、まさに本来想定された使い方に近い乗り方をした今日のイッキ乗り。改めてドイツ生まれの素性を実感させられた半日でした。
半日500Km程度であればまったく無理を感じませんでしたので、次は1泊で長距離ツーを企画したいと思います。

総走行距離 556Km
燃費 21.5Km/h
高速料金 500円
トラブル なし

|

« ハンドルアップアダプターをつける | トップページ | GPSログデータで遊ぶ »

コメント

私の家は千代田石岡インターから500m。

今度来るときは、良かったらおいでください

投稿: wonderboy | 2009年7月 5日 (日) 14時40分

関東~南東北 高速一周お疲れ様でした!素晴らしい企画ですね。

この企画、私も北関東自動車道が開通した時に構想していたのですが、
未だ実現いていませんでした。(群馬側も開通すれば・・・)

車両については、ハンドルアップでライディングが楽になったとの事、良かったですね!

Uターンなどの小回りは、ご自信の意識も目線的にも行先を明確に意識して見ること、
上半身を行き先の方向に向ける(ハンドルバーと胸を平行にして先回すること)
などが大切かと思われます。(私も意識しています)

何事も急な操作にならないように気をつけたいところですね。

投稿: やっとこ | 2009年7月 5日 (日) 19時19分

wonderboyさま
これはこれは、縄張りに無断侵入、失礼いたしました。
「千代田石岡インターから500m」ということでしたら、青森まで1000円、すぐいけそうですね。うらやましい・・・。
民主党が政権をとっても大都市近郊区間の無料化には時間がかかりそうですが、もしも全面無料化したときには地価相場が変わるかもしれませんね。

投稿: はるかぱぱ | 2009年7月 6日 (月) 08時05分

やっとこさま
いつもありがとうございます。
Uターンのとき、胸を進行方向に向ける、というのは基本ですが、出来ない理由としてよくあるのが、内側の腕を突っ張ってしまう事でしょう。ライディングスクールなんかでもさんざん言われます。
RTの場合、ハンドルが(私の腕にとっては)遠めで、結果、外側の腕が伸びずらいというのがスムーズさに欠ける理由だったようです。
BMWは相当に国際サイズを考慮していると重いますが、残念ながら当方の手足の短さは「想定外」だったようです・・・。

投稿: はるかぱぱ | 2009年7月 6日 (月) 08時12分

いつも楽しく拝見させていただいております。
私も01年式銀に乗ってます。
バイクの格納場所が、山武の海っぺたなもんですから、近所ってこともあって毎日のように気になってのぞかせていただいてます。
さて、私も5月の下旬にぐるっとではないですが、会津に汽車ぽっぽを撮るため?に反時計回りでほぼ回ってきました。
1000円は大変お得ですね。私の場合x2でしたが。
それから、ハンドルのスペーサ購入方法を教えていただけませんか?
そのうち一緒に走れるといいですね。
ブログ頑張ってください。

投稿: 銀・名古屋だがね | 2009年7月 9日 (木) 14時24分

銀・名古屋だがねさま
コメントありがとうございます。

1000円の件、こうなると平日もって思うのは私だけでしょうか・・・。世紀の愚策とまで言われていますが、個人的には景気高揚効果ありだと思っています。
ハンドルアップアダプターは某オークションで偶然見つけました。8000円。webikeでは取り寄せで8月末だそうです。

投稿: はるかぱぱ | 2009年7月 9日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路で北関東を一周する:

« ハンドルアップアダプターをつける | トップページ | GPSログデータで遊ぶ »