« ヘルメット シールドの曇り止め | トップページ | ゴアテックスのお手入れ »

レインダンサー 近況

2009年6月26日(金) 54,500Km

ちょうど1年前に購入したモンベル・レインダンサー。ゴアテックスを使用した軽量レインスーツですが、その後雨が降るたびに使用してきました。
気に入っている点としては、しっかりとした防水性能と、軽い点、抜群の通気性、そして高い質感等です。

この一年間、縫い目などから漏水したことは一度もありません。
逆に気になる点は、フードをしまった状態での首周りの形状と、胸のポケット部。
こんもりした首周りはモーターサイクル用でないレインダンサーを買った当方の責任ですが、ヘルメットから滴る水滴が首の後ろから内側に垂れてしまいます。
対策としては、雨が強いときにはフードをヘルメットの中にかぶってしまいます。この状態では首元は完全にガードされるので鉄壁の守備になります。
不思議に蒸れも感じませんが、耳周りがゴワゴワするのが少し気になります。
胸のポッケはジッパーが完全防水でないのか中のものは濡れてしまいます。雨の日はここに小さ目のタオルをいれておくと便利なのですが、タオルは湿ってしまいます。
まあ、ほとんどのレインスーツのポッケは防水されていませんので、レインダンサーだけの問題ではありませんね。

1年で3.5万キロを走破。うち1万キロ近くが雨天走行でしょうか。
日数で言うと1年間に240往復(480回)程度走って、うち100回以上はレインダンサーのお世話になった計算です。
雨天使用後はよく乾かしてから大きめにたたみ、パニアケースにしまって毎日携行しています。

通常のバイク乗りにとって一つのカッパを100回も使うことはあまり無いのかもしれませんが、今のところ基本性能に劣化は感じません。
それでも最近は表面の汚れが目立ってきたことと、それに伴って撥水性能が低下してきましたので、モンベルが販売している「シンセティックファブリッククリーナー」というクリーナーと「ウォッシュインウォーターリペレント」という撥水剤を近々購入してお手入れしてあげる予定です。

モンベル・レインダンサー。おすすめできるレインスーツだと思います。

|

« ヘルメット シールドの曇り止め | トップページ | ゴアテックスのお手入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レインダンサー 近況:

« ヘルメット シールドの曇り止め | トップページ | ゴアテックスのお手入れ »