« Smith & Wesson シューティンググラス コレクション? | トップページ | パーツの個人輸入 »

オイル交換で復調

2009年5月30日(土) 52,700Km

先日のオイル交換でそれまですこしガサついていたエンジンの回り方がスムーズになりました。
5万キロ走って、まさに今が旬のフラットツインです。

しかし、比較的熱ダレには強いカストロール フォーミュラRS(100%化学合成)を使っても劣化を実感するということは、このエンジン、相当に熱負荷が高そうです。もっと固い(熱に強い)オイルを探してみなければ、です。

今週末はツーリングと思いましたが、全国的に雨的な天気で残念です。

|

« Smith & Wesson シューティンググラス コレクション? | トップページ | パーツの個人輸入 »

コメント

カストロール フォーミュラRS10W-50ですが
4リットル缶の表示に2輪とディ―ゼルエンジン
は使用できませんと表示がありますが、使用
は可能ということですか?
ちなみにオートバックスで見ましたが

投稿: タチバナ | 2009年10月12日 (月) 19時06分

タチバナさま こんにちは。
多くのバイクはトランスミッションと(湿式)クラッチの潤滑をエンジンオイルで行っています。
2輪に使用できない、というのは4輪用エンジンオイルには色々な添加剤が含まれているのでクラッチが滑る、などというトラブルが考えられるからでしょう。
ディーゼルエンジンは、基本構造が異なるので、オイルに求められる性能も異なり、使用を制限しているものと考えられます。(規格も別にあります)
BMWに限っていえば、ギアオイルは別ですし、クラッチは乾式なのでこのへんは2輪というより4輪の基本構成と同じです。
よってフォーミュラRSをBMWに使っても全く問題ないと思いますが、無理にお薦めはいたしません。

投稿: はるかぱぱ | 2009年10月13日 (火) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイル交換で復調:

« Smith & Wesson シューティンググラス コレクション? | トップページ | パーツの個人輸入 »