« 【番外編】高速道路1000円で小岩井農場へ行く | トップページ | 【高速1000円活用計画】睡魔との戦い »

【高速1000円活用計画】バイクで仮眠

2009年5月8日(金) 50,500Km

先日岩手まで行って"練習"をすませた「高速1000円活用計画」ですが、実行するには色々準備も必要そうです。
この計画、土日の間に割引制度を使って普段はいけない遠距離ツーリングを行うことが目的ですから、移動距離は当然片道500Kmを越えることになります。
先ずは休憩方法について考えて見ます。

車で行った小岩井農場の場合、往路は7時間ほとんど止まることなく走り続けました。(よいこのみんなはまねしちゃダメヨ)
丸1日遊んで、22時過ぎに盛岡を出発。復路は福島あたりでどうしようもなく眠くなってしまったのでSAで仮眠を取りました。

バイクで行く場合、SAで仮眠、というのが一番難しいです。
若い頃は根性で突破!(つまり寝ない)という方法でしたが、2児の父が高速1000円で居眠り運転、ではあまりに恥ずかしいので疲れたら休める体制は必須です。
仮眠する方法としては、

  1. SA建物内で椅子を占拠
    ちゃんとしたスペースがあるのはSAですが、昨今の1000円セールで休日のSAは夜でも賑わっているようです。寝てられない?
  2. 端っこのほうでテントを張る
    これならSAでなくてもPAでもOK。芝の場所があればより良いですが、マットがあればコンクリでも仮眠はできます。まあ、設営がめんどいのが難点。眠いときにテント張れるかな?
  3. 折りたたみ椅子に座ってバイクに寄りかかりながら寝る
    最もEasyな方法。やってみると結構快適です。但し、まったくの屋外なので雨はもちろん、虫の心配もあります。

さて、どうしたものか。

|

« 【番外編】高速道路1000円で小岩井農場へ行く | トップページ | 【高速1000円活用計画】睡魔との戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【高速1000円活用計画】バイクで仮眠:

« 【番外編】高速道路1000円で小岩井農場へ行く | トップページ | 【高速1000円活用計画】睡魔との戦い »