« (5万キロ整備・・・その3)イグナイタープラグ交換(セカンダリー) | トップページ | (5万キロ整備・・・その5)同調 »

(5万キロ整備・・・その4)オルタネーターベルト交換

2009年4月18日(土) 49,250Km

計画通り5万キロ定例整備を実施しました。

  1. イグナイタープラグ交換(プライマリー)・・・実施済み
  2. タペットクリアランス調整
  3. イグナイタープラグ交換(セカンダリー)
  4. オルタネーターベルト交換
  5. 同調

今回はオルタネーターベルトの交換です。

20090418k_rt_oldbelt
↑フロントカバーを外したところ。ショッキングなことに、ベルトがほつれて糸(赤○部分)が出ています!5万キロ走行でこの状態です。

20090418l_rt_oldnewbelt
↑新旧比較。使用すると多少伸びるので、新品よりわずかに大きいです。

20090418m_rt_install
↑取り付け完了。青○2つのボルト(写真では写っていません)がマウントボルト。黄○がテンションアジャスト用ボルト。テンションはオルタネーター自体を上下に動かすことで調整されます。

この作業。予想よりかなり大変でした。
苦労したポイントは

  1. フロントカバーを外すためにはサイドカウル以外に、左右どちらかのフィレット(エンジンに流れる風を整流する小型カウリング)も外さないと抜けない。・・・これはたいしたこと無かった。
  2. ベルトが固くて中々プーリーにかからない。
    オルタネーター側はフリーでまわるので、下をかけてから上を回しながらかける、というのが理想的。でも上部はスペースが狭くて力が入りません。
    上をかけて下を回す、ためにはエンジン側を回す必要があって、ギアを6速にいれ、脚でタイヤを回しながら、手でベルトをかける、という全身運動が必要でした。・・・・間違いなく明日は筋肉痛!

無事取り付いたベルトですが、調整の必要がほとんど無いほどピチピチ。あまりに堅いのでパーツナンバーを調べなおしたほどです。
出先で電気切れって事にならないためには、5万キロで交換がよろしいようで。

|

« (5万キロ整備・・・その3)イグナイタープラグ交換(セカンダリー) | トップページ | (5万キロ整備・・・その5)同調 »

コメント

今日15RTのオルタネータベルトを自分で交換しました。

結局この記事の通りには作業できなかったのですが、
サービスマニュアルと合わせて読むことで事前にイメージトレーニングが出来ました。

有益な情報ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: こうもり | 2009年11月29日 (日) 22時37分

こうもりさま
ベルト交換お疲れ様でした。
本文ではわかりづらかったかもしれませんが、私ももちろんマウントボルトは緩めました。それでも相当固かったです。

投稿: はるかぱぱ | 2009年12月 1日 (火) 05時53分

コメント有り難うございます。
固かったとのことですがテンション調整用ボルトは緩められましたでしょうか?
私の場合、テンション調整用ボルトを緩めたところ、
オルタネータがだいぶ下(マウントボルト用長穴の一番下)まで降りてきました。
そのなるとベルトも簡単に掛けられますし、
ベルト装着後のたわみ量は片側2cm以上(両側4cm以上)と緩すぎて
エンジンを回してもオルタネータは回りませんでした。

投稿: こうもり | 2009年12月 2日 (水) 21時17分

こうもりさま
ボルトは3本とも緩めました。結果オルタネーター本体も下に落ちてきたのですが、それでもベルトを掛けるのはとても固く大変でした。
そういったわけで「パーツナンバーを調べなおしたり・・・」となったわけです。
1150のオルタネーターベルトには新旧2種類あって、旧タイプは交換後しばらくしたらテンションの再調整が必要、新しいタイプはその必要がなくなったそうです。
http://skycruise.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-d855.html
新旧ベルトどちらがついているかは、エンジンカバーのポッチでわかるそうです。互換性があるかどうかは調べていません。
こうもりさんのベルトはどちらのタイプかわかりますか?

投稿: はるかぱぱ | 2009年12月 3日 (木) 17時39分

おおっそんなところに隠しマークが・・・知りませんでした。
私のRTは2001年モデルです。
はるかパパさんのRTは後期モデル('03~)なのでテンション調整が不要な代わりにベルトを掛ける時に固い、
私のRTは前期モデル(~'02)なのでベルトは掛けやすいがテンション調整が必要、ということですね。
今回も勉強させてもらいました。有り難うございます。

投稿: こうもり | 2009年12月 3日 (木) 20時48分

本日、R1150Rのオルタネーターベルトを交換しました。走行距離5万5千キロです。以前3万キロあたりの点検であまりにベルトがピチピチに張られていることに気づきました。べルト切断やオルタネーターベアリング磨耗のトラブルを防ぐため若干緩めてにテンションを調整しました。この効果でしょうか?外したベルトにヒビなどもなく綺麗でした。ここまではルンルン気分で作業していたのですが、いざ新ベルトをはめようとすると(もちろんオルタネータは最低レベルにあります)ベルトが短くてどうにも嵌りません。作業はオルタネーター側に最初にベルトをかけてクランクシャフトプーリー側にベルトを掛けるようにしました。クランクシャフトのプーリーを16MMのスパナで回すのですがとても固くてギブアップ。こちらの記事にあったギアを入れておいて後輪を回すなど思いもつきませんでした。ベルトの長さが違うのでないの?と新旧ベルトを眺めました。旧ベルトは4
PK592と印刷が読めました。新ベルトは4PK595とありました。この数字が長さを表すのであれば新品同士を比べたら3mm長いのでモーターワークスから購入したベルトに間違いはないと考えました。どうすればいいの?少々考え込んだ末に乱暴な手段に訴えることにしました。ハンドクランクに備えて点火プラグは外してあったのでセルを回して強引にベルトを嵌めようという手段です。前述のとおりオルタネータ側を先に
かけてクランクプーリーへ半分かけて木ハンマーの柄でテンションを掛けた状態で家内にセルボタンを一瞬押させました。思わず目をつむりました。恐々と目を開けると
見事にベルトはプーリーへ掛かっていました。オルタネータ側が溝から外れていましたが同じようにセルを長めに押して木ハンマーの柄で押し付けて所定位置に収めました。こんな乱暴な方法で何とかベルトを納めましたが、ベルトはパンパンに張られています。しばらくすれば伸びて丁度いいのかしらとも思っています。こんな状態でいいのか?と思いネットを検索してこちらの記事を拝見して安心しました。ありがとうございます。PS)セルを回してベルトを掛けるのは危険だと思います。こちらの記事にあるように助手に後輪を回させてベルトを入れる方法が良いと思います。セルを回して怪我をされたりバイクを壊しても当方は関知しません。自己責任でお願いします

投稿: kouichi | 2010年3月22日 (月) 23時27分

kouichi さま

こんにちは。
セル、ですか・・・。思いつきませんでした。思いついても実行する勇気が出たかどうか。
ちなみに当方は足で後輪を回しながら、手でベルトをかける、という具合でしたから、次の日体のあちこちが筋肉痛になりました。この方法とて"助手"と呼吸が合わないと指を落としたりする可能性があると思います。
ロードスターは整備がやりやすそうで良いですね。格好もメカっぽくて好きです。
私もRとRTで迷った挙句RTにしましたが、今でも街でRを見ると振り向いてしまいます。

投稿: はるかぱぱ | 2010年3月23日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (5万キロ整備・・・その4)オルタネーターベルト交換:

« (5万キロ整備・・・その3)イグナイタープラグ交換(セカンダリー) | トップページ | (5万キロ整備・・・その5)同調 »