« 1000Kmの空想 | トップページ | エンジンオイルとギアオイル »

二輪車乗車と脳の活性化の関係?

2009年3月4日(水) 45,100Km

バイクに乗ると頭がよくなる?そんなニュースを見ました。
以下はヤマハ発動機がHPに公開している公式発表資料の抜粋です。

「ヤマハ発動機株式会社は、国立大学法人東北大学(総長・井上明久/所在・宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)の加齢医学研究所・川島隆太研究室と昨年5月より「二輪車乗車と脳の活性化の関係」についての研究を行なってまいりました。このほど、実験結果がまとまりましたのでご案内いたします。
 この度の研究結果により、二輪車乗車と脳の活性化には以下の関係があることが証明されました。
1)二輪車を乗車することにより、運転者の脳が活性化されること
2)現役ライダーとブランクのあるライダーとでは、脳の使い方や活性化に違いが生じること
3)日常生活に二輪車乗車を取り入れることにより、様々な脳認知機能(特に前頭前野機能)が向上し、さらにメンタルヘルスにおいてもストレスの軽減や脳と心の健康にポジティブな影響を与えること
川島研究室では、脳科学の知識と技術をいかし、何らかの外的刺激もしくは精神作業によって人間の脳機能や認知機能を維持・向上させ、その結果人々が健やかで豊かな生活を送ることが可能となる“スマートエイジング社会”を目指した研究を進めており、今回の実験はこの意図に基づくものです。
ヤマハ発動機は今回の研究において、二輪車の提供、研究テストコースの提供、スタッフの派遣などの協力を行いました。今回の共同研究の結果をいかし、今後の二輪車市場の活性化につながる取り組みを進めていきます。」

スマートエイジングですか・・・・。
とかく社会悪のように取り扱われることの多い2輪車ですが、自転車を含め体でバランスを取って操る、という点では脳みその活性化につながるということは感覚的に理解できます。
まあ、そんなこと改めて言われなくても、バイクは乗るだけで「楽しい乗り物」です。
ただ、それがバイクは「良い乗り物」だ、と言われるようになるためには乗り手の社会性を向上させる教育が必要なのかもしれませんね。

|

« 1000Kmの空想 | トップページ | エンジンオイルとギアオイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車乗車と脳の活性化の関係?:

« 1000Kmの空想 | トップページ | エンジンオイルとギアオイル »