« 1150RTのギア比について | トップページ | 通勤に適したバイクは? »

ミシュランPilot Road 2 その後

2009年3月26日(木) 47,000Km

2月に交換したタイヤですが、そろそろ4000Km走破って事になります。
新品タイヤ特有のウルトラスムーズな感触はとっくに失せていますが、まだ台形に磨耗していないので今が「一番美味しいとき」かもしれません。

交換前の(随分磨り減った)PilotRoadでも台形減りの影響を除けば大きな不満は無かった訳で、新しいタイヤで特別良くなったところも感じません。(鈍感?
もちろんネガティブな点も気になりませんから、さすがミシュランともいえます。

【グリップについて】
ヘタレなはるかぱぱとしては、ギューっとグリップしてポンッと突き放されるよりも、そろそろやばいよーと知らせてくれるタイヤのほうが安心です。
そういった視点で、ミシュランは路面の状態に関わらずグリップの状態が急変することなく、安心感が高いというふうに思います。
もちろん絶対的なグリップも十分確保されています。

【丈夫さ?】
ブリヂストンとの比較になりますが、タイヤの重さが軽く感じます。実際の重さってどうなのでしょう。公表されていませんし、タイヤ屋さんで測らせてもらうわけにもいきません。勿論タイヤは軽いほうが良いですが、BSでは1度もパンクしたこと無いのに、ミシュランでは4,5回パンクしたからなあ・・・。

【騒音、振動】このPilotRoad2は特にフロントタイヤのパターンがスムーズで、磨耗が進んでもパターンノイズが発生しづらい記憶があります。
タイヤから出るノイズ(と振動)は結構気になるので、この点も加点ポイントでしょうか。

【耐久性】
これは4000Kmぽっちではわかりません。今回は3万キロを目指して頑張りたいと思います。

|

« 1150RTのギア比について | トップページ | 通勤に適したバイクは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランPilot Road 2 その後:

« 1150RTのギア比について | トップページ | 通勤に適したバイクは? »