« 通勤に適したバイクは? | トップページ | RTでipod (その3) »

RTでipod (その2)

2009年3月28日(土) 47,200Km

RTに乗りながらipodを聴くにはヘルメットの下にイアフォン(音量注意!)をするのが手っ取り早いですが、長時間だと耳が疲れます。
海王にはBMW純正のオーディオが装備されていますが、感度の悪いFMとカセット!というソースの問題と、肝心の音質がかなり悪いこともあってほとんど使うことがありません。もちろんそのままではipodを接続することもできません。
でも手元のスイッチでボリュームコントロールできる点など、捨てがたい長所もあるので何とかうまい利用法を考えていました。

そんな中、iPodストアでちょっとしたアイテムを見つけました。
Monster iCarplay Cassette Adapter for iPhone/iPodです。
能書きとしては、
「iPodやその他ステレオミニジャックを持ったMP3プレイヤーなどをカセットアダプターより音声出力します。とても安定した音質が得られます。」
だそうです。

これはその名の通りiPodなどのポータブルオーディオにミニジャック接続し、カセットデッキ経由でカーオーディオを鳴らす、というものです。
カセットテープの形をしたアダプターをデッキに挿入すると、アダプターに内蔵された端子がデッキのヘッドにあたる部分で接触して信号を伝える、という原始的なモノです。リールは空回りするようにできています。
ウォークマンが出たての頃、ソニーからも同様の簡単車載キットが出ていたと記憶しますが、今更買うことになるとは夢にも思いませんでした。
まあ、安定した送受信が行えないことが多いFMトランスミッター型に比べれば「線が繋がっている」安心感はあります。巷の評判(というかiPodストアのレビューですが)も上々なので2520円投資してみることにしました。

iPodストアでポチっとしてから2日。あっけなくCassette Adapterは届きました。
早速パッケージを開けて動作確認をしてみましたが、ちゃんと音は出るようです。手元のスイッチでボリューム調整もできます。
あとは音質でしょうか・・・。ボリューム調整を生かすとなると、替えられるパーツはスピーカーだけですね。

20090329a_rt_get
↑深夜に注文。翌々日には自宅に配送、。便利な世の中です。iPodストアで買うと結構手厚い保証があるのが嬉しいところです。

20090329b_rt_open
↑パッケージから出してみました。製品としてはとても簡単な構成です。

20090329c_rt_insert
↑早速海王のオーディオに挿入

20090329d_rt_pushin
↑カセットを奥までガチャコンと入れて、指差している電源スイッチを回すと電源が入ります。電源はエンジンOFFでも入りますが、ハンドルロックすると遮断されるようになっています。(ちなみにこのスイッチはまわし始めのカチっで電源ON。その後いくら回してもボリュームは変わりません。ボリュームは手元のスイッチだけで調整可能です)

20090329e_rt_ipod
↑iPodはこの辺に入れるか、身に着けるか、ですね。ケーブルは使わないときはオーディオスペースに丸めておけそうです。

20090329f_rt_control
↑オプションのオーディオ装備車にはこのスイッチがついています。丸いスイッチの上下がボリューム調整になります。(左右はラジオのチューニング)

まだ走ってないのですが、まあ何とか使えそうです。今までスピーカーからは途切れがちなFMしか聴けなかったのがiPodを聴けるようになりました。
あとはスピーカー自体の変更で音質をもう少し"まし"に出来るか、ですね。

|

« 通勤に適したバイクは? | トップページ | RTでipod (その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RTでipod (その2):

« 通勤に適したバイクは? | トップページ | RTでipod (その3) »