« 整備スケジュール | トップページ | 朝練・・・稲毛幕張を周る »

バリアスコート vs PCS HRC+α (その2)

2009年2月1日(日) 41,800Km

1月だというのにまとまった雨が降って、融雪剤まじりの泥水を跳ね上げた海王をやっと洗ってあげられました。
こういった天候でも「実用」になるところがBMWの強みで、ハーレーだったらそうはいかないところでしょう。(きっと帰宅後に必死で洗車って事になります)

さて先月から続けているHRCとバリアスコートの洗車対決についてです。
実験は、
左半分は洗車後に水分をHRCで拭き上げ、その上にバリアスコート。
右半分は洗車後にHRCで拭き上げて乾拭きだけ、というものです。
今のところの評価をまとめると

  1. 艶はバリアスコートの勝ち。
  2. 雨天時走行後の汚れに大差なし
  3. 埃のつき方に大差なし

ということで、ひと手間増えますがバリアスコートを重ね塗りしたほうが仕上がりはきれいになります。
また、HRCで水滴を拭き取る過程で、こびりついた汚れ等といっしょにバリアスコートも取れてしまっているようで、拭き取りを終えた(バリアス前の)状態では左右の差はまったくありません。毎回リセットしている感じでもったいないようですが、はるかぱぱは蓄積しない方が安心と感じます。
HRCだけの状態でも十分な艶ですし、そもそもこの"HRC+α"は下地処理用なので、水分の拭き取りに等に使って細かい傷や汚れを取って塗装面を整える、というのが本来の役割でしょう。
結論としては
時間があるときはHRC+バリアスで激艶。
簡単に済ませたいときはHRCだけでしっとり艶、

というのがお勧めパターンでしょうか。

気温が高い季節になればまた違った印象があるかもしれません。実験はしばらく続けてみようと思います。

20090201a_rt_joshi 20090201b_rt_rear 20090201c_rt_meter
HRCのみの右サイドでもこれくらい綺麗です。

|

« 整備スケジュール | トップページ | 朝練・・・稲毛幕張を周る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリアスコート vs PCS HRC+α (その2):

« 整備スケジュール | トップページ | 朝練・・・稲毛幕張を周る »