« タペットクリアランス確認と同調に挑戦! | トップページ | 総走行距離4万キロ総括【ハードウェア編】 »

OptiMATE 4をRTに繋ぐ

2009年1月13日(火) 40,200Km

先日購入したバッテリーチャージャーOptiMATE 4ですが、付属のワニぐちクリップは大きく使いやすいものです。外した古バッテリーに充電したときには、しっかりと接続できました。
一方、RTはバッテリー本体がカウルの奥底に鎮座しているため、バッテリーが上がってジャンプスタートをする時の為に、シート下に(+)端子が、シフトペダル近くに(-)端子が用意されています。でも2つは遠く離れていて付属のワニぐちケーブルでは届きません。

OptiMATE 4には、そんな人(バイク)の為に、バッテリー端子側につけっぱなしにしてクイックコネクターでOptiMATE側のケーブルと接続できるようなケーブルが同梱されています。そのままでは芸が無いので、バッテリーに接続する側をBMWのヘラソケットに付け替えて、OptiMATE 4を電源ソケットに直接接続できるように加工しました。

20090113a_rt_cable
↑OptiMATE4に付属していたケーブルと別途購入したヘラソケット用プラグ

20090113b_rt_newcable 合体しました

20090113c_rt_charger 早速使ってみましょう。

20090113d_rt_connect 車体側の接続はこんな感じ。

30分の自動診断の結果、当然ながら「バッテリーは健康」であることが確認されました。まあ、たまに接続して健康診断+補充電をすることにします。これで寒い朝も安心?でしょうか。

20090119x_rt_oprimate
1/19 写真追加
・・・車体側ヘラーソケット
→OpriMATE付属のケーブルを加工したもの
・・・クイックコネクター
→OptiMATE付属のケーブル
・・・充電器本体
→OptiMATE本体の電源ケーブル
・・・家庭用100V電源

|

« タペットクリアランス確認と同調に挑戦! | トップページ | 総走行距離4万キロ総括【ハードウェア編】 »

コメント

初めまして。私も念願のBMWR1150RTを入手出来ました。(2001年式の中古ですが)貧乏人の為、メカには弱いですが出来るだけ自分でメンテをと考えています。色々と教えていただきたいのですが、ヘラーソケットはどこで購入されたのでしょうか。また、つなぎ方はどのようにされるのでしょうか。海王さんのこの方法で出来れば最高だと思いますので、よろしければメールいただければ、光栄です。

投稿: セリ | 2009年3月19日 (木) 06時54分

セリさま、こんにちは。
ヘラーソケット(正確には雄側なのでプラグですね)はヤフオクで購入しました。つなぎ方は、購入したプラグにあるネジを外すと分解できますので、そこにOptiMATE付属のケーブルを繋ぐだけです。ケーブルにはバッテリー端子に接続するための金具がついていますが、これは切断しました。
ちなみに私が購入したプラグは「BMW アクセサリー電源プラグ(スーパーデラックス)」という名前で出品されていたものです。

投稿: はるかぱぱ | 2009年3月19日 (木) 09時53分

こんにちは。お返事ありがとうございます。早速ヤフオクで調べましたところ、ヘラーソケット接続の物が出品されていましたので、ただいま入札中です。うまく落札できればいいのですが。オプテイメート4もヤフーショッピングで購入しました。とりあえずバッテリー対策は大丈夫となりそうです。海王さんの、レポートとても参考になります。今後ともよろしくお願いします。

投稿: セリ | 2009年3月21日 (土) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OptiMATE 4をRTに繋ぐ:

« タペットクリアランス確認と同調に挑戦! | トップページ | 総走行距離4万キロ総括【ハードウェア編】 »