« 初音庵で蕎麦を食べた | トップページ | eTrex Legend HCx »

「バイクでカーナビ」について考える

2008年11月2日(日)33,000KM

特別方向音痴というわけではありませんが、はるかぱぱにとって15年以上「カーナビ」は必須アイテムになっています。もう20年近く前のこと、パイオニア(カロッツェリア)から「道は星に聞く」が発売された時には、システムとして大変ごつく、スクロールもページ単位だったので「ふーん」って感じでした。
その後1992年にSONYから発売された製品NVX-1はだいぶまともになって実用になりそうなものでした。かなり高価(560,600円)だったので随分迷いましたが、1993年、意を決して秋葉原のトモカ電気に買いに行ったのです。しかしまさにその時、SONYカーナビ第2世代のNVX-F10(210,000円)が店頭に並んでいたのです!
20081102c_rt_f10_2

今思うと、トモカ電気に新製品が並んでいなかったら50万近く払う気でいたのですから、危ないというかうらやましいというか・・・・。

さて、当然の如くその場でF10を購入したわけですが、それから15年、ずーっとナビ愛用者です。
ナビの利点は地図をめくりながら走らなくて良い、という点と、自分の位置が常に把握できるという点に尽きます。検索とかルート案内とか今では付加価値も沢山ありますが、実はその辺はあまり重要だとは思っていません。私には地図の中で自分がどこに位置するのか、がリアルタイムでわかることが重要なのです。

そして4年位前、2輪(CB750)にもナビを導入することにしました。機種はパナソニックのデルナビ(CN-PV01YD)。 ヤフオクで安く出ていたものをGetしました。
20081102b_rt_pananavi1_3
バグスターのタンクカバーにナビを入れたタンクバッグをのせる、という積載方法で比較的大きい(6.5インチ)ディスプレイのナビをツーリングの時だけ使っていました。
これは海王にもそのまま移植しました。但し、RT用のバグスターのタンクカバーはイマイチなので「モトフィズ バインドシステム用 ナビバッグ」を使っています。
20081102a_rt_motofizz_2
この方式は、食事休憩などでバイクを離れるときにいたずら防止としてバッグごと外したナビを鍵のかかるトップケースにしまっておけるなど、メリットは多いのですが、逆にいえば簡単に取り外せるのでいたずらを心配しなければならない、という事でもあります。
常設式でないので、電源やアンテナのコードがなんとなく雑然としてしまうのもはるかぱぱ的にはかなり気になるところです。

バイクへのナビの取り付けには色々な方法があると思いますが、はるかぱぱ的には機動戦士ガンダム的なブラケットや、自作ナビボックスなど、あまりゴテゴテした取り付けは好みではありません。かといってケーブル類がニョロニョロしているのは論外です。今のタンクバッグ方式はスレスレの妥協点なのですが、できればもう少しスッキリしたいところです。

実は最近金欠って事もあって、長距離のツーリングにはなかなかいけません。会社帰りに100Km程度寄り道する、なんて事で紛らわしているのですが、そんなときにナビを背負って通勤するわけには行かないので、当然ナビなしツーになってしまいます。

このような事情からいつも携帯できるようなGPSが欲しいのです。ハンディタイプであれば取り付けの心配も無く、腕に付けたり首に掛けたりすれば盗難の心配もありません。
軌跡だけでも取れれば結構楽しめそうなのでGPSロガーも魅力的ですが、それでも1万円くらいするので悩ましいところです。GPSロガーに比較して地図表示機能があるハンディ機は、

  1. 都内など走るときに走りながらでなくても確認できる地図があると便利? (走りながら見るには画面がチト小さい)
  2. 海外出張(旅行)の時にもカーナビがあると便利?(地図は高いけど)
  3. 当然ログも吐き出せるし・・・(つまり機能は包含している)

という点が魅力です。

早速ネット上でいろいろ勉強したところ「ガーミン eTrex Legend HCx日本語版」あたりがヨサゲです。
20081102d_rt_legendhcx_2
英語版はずっと安価ですが、日本地図の地名がローマ字っていうのは使いにくそう。 こいつの良いところは、

  1. 小さいところ。→置き場所に困らない
  2. 単3電池2本で25時間駆動可能なところ。→電源コード不要
  3. 簡易防水→突然の雨に慌てない

でしょう。
これを使うとデルナビは不要になるか、というとそれは使ってみなければわかりません。大きくてきれいな画面にわかりやすい経路案内機能がついたデルナビは、少なくとも長距離を一気に走るときには強い見方です。高速道路で、次のSAのガススタンドは出光かどうか、なんてことはガーミンでは調べられないでしょう。完全に置き換えられるとは思えません。
でも近距離のプチツー(含通勤)であればわざわざデルナビを付けないので、初めての場所に迷わずいける、とかログが取れる、という使い方ができると思います。(こうやって考えると実用というより高価なおもちゃだ)

問題は価格。定価で58,800円。付属の地図は粗くて(20万分の1)使い物になりそうもないので詳細地図も必要。更に2万円近くかかります。金欠でツーリングにもいけないはるかぱぱにはやっぱりロガーかな・・。

|

« 初音庵で蕎麦を食べた | トップページ | eTrex Legend HCx »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バイクでカーナビ」について考える:

« 初音庵で蕎麦を食べた | トップページ | eTrex Legend HCx »