« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月に作成された記事

夜のお散歩・・・国道6号で土浦へ

2008年11月28日(金) 36,010Km

今朝は久しぶりの豪雨。この時期には珍しいほど激しい雨でした。
例のごとく、モンベル レインダンサーのフードを折りたたみ、ヘルメットの中に挟みこんで自宅を出発。およそ90分の過酷なシャワリングテスト!?になりましたが、漏水箇所も無く、蒸れも無く、大変快適な雨の道中でした。

雨はお昼にはすっかり止んで、帰宅時には星が見えるほどだったので、例の如く夜のお散歩に繰り出しました。
喉の調子がいまひとつだったので、今晩はかるくR6を土浦まで北上することにしました。(早く帰らなくていいの?

まずは品川からR15で田町まで。日比谷通りに入って日比谷公園をかすめ、東京駅と皇居の間をすり抜けます。
そのまま靖国通りまで出たら右折。R4との交差点「岩本町」を通り過ぎ、R6との交差点「浅草橋」を左折します。
国道は浅草のすぐ先でカギ型に折れ曲がり、隅田川を渡ります。
金町の先で江戸川を渡り、千葉県松戸市に突入です。
あとはひたすら北上。柏、我孫子、取手と進み、牛久でR408に交差したところでR6から離脱しました。

20081128a_rt_kokyo
皇居上空?から東京駅方面を望む
20081128b_rt_tsuchiura
松戸では久々にHDのディーラーの前を通りました。ここは以前に行ったことがあります。HDのディーラーでいつも感心させられるのは魅力的な商品ディスプレイと、バイクに興味がない人にも敷居を低くする工夫です。
正直、BMWディーラーよりHDディーラーのほうが家族を連れて行きやすいバイク屋さんです。

国道6号線区間 走行距離 51.4Km
全区間 走行距離 91.3Km

相変わらず絶好調の海王は、今夜も淡々と仕事をこなしてくれました。頼りになる相棒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお散歩・・・環七を1周する

2008年11月26日(水) 35,700Km

環状7号線(都道318号)。ご存知の通り、都心の周りをぐるりと回る片側2車線道路です。今日の夜のお散歩はこれを1周してみました。

午後8時。国道537(湾岸道路)を大井南で環七に入ります。
ここから平和島、馬込と北上します。国道1号を越えた先の「夫婦坂」左手には革ジャンで有名なPairSlopeがあります。(勿論この時間は閉まっていますが・・・)
目黒、世田谷、高円寺と通ります。このあたりで大体環状線の9時の位置。
その先江古田、板橋本町、東十条の先で荒川を渡りながら首都高川口線をくぐります。この辺で環状線12時の位置でしょうか。
亀有、青砥と抜けて一之江で京葉道路をくぐります。環状線3時の位置です。
ここまでくれば、そこから葛西臨海公園入り口で357号に交差するまではすぐです。
午後9時半頃に葛西に到着です。

走行距離57.2Km。平均38Km/hでした。

20081126a_rt_kannana

オイル交換を済ませたばかりの海王は至極好調。
渋滞の終わった都内を4,5速で50~70Km/h程度で淡々と進みます。
これくらいの速度では寒さもほとんど感じず、ちょっとした東京見物が出来ました。
次回は環八?それとも16号線1周かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例オイル交換(11月)

2008年11月24日(月) 35,510Km

今回から交換間隔を緩和して5000Km毎の定例交換です。少なくともこれくらい外気温が低い季節であれば5000Km毎でも体感上問題はありません。
交換直前もエンジンの回りはスムーズで、粘度も十分保たれているフィーリングを維持していました。

色々試しましたがオイルはしばらくカストロールフォーミュラRS 10w-50を使う予定です。100%化学合成のこのオイル、粘度が高くて固めなのが特徴です。低粘度のオイルが主流な中で、簡単に入手できる高粘度オイルはあまりありません。このRS、既にカストロールの商品ライン的には「外れた」ところにあるものですが、空冷ボクサーに使った印象では劣化が遅くミッチリした高粘度ならではのフィーリングが魅力的です。
近所のホームセンターで4リットル2980円で安売りしていただので10本(40リットル)買いだめしてしまいました。5万キロ持つ計算です・・・。

3連休最終日は午後から雨で、オイル交換が終わった途端降りだしてしまったので、洗車はガレージ内でしました。

20081124a_rt_metalcom
愛用しているワコーズのメタルコンパウンド。
20081124b_rt_muff
マフラーの汚れなどきれいに取れます。
20081124c_rt_rain
雨降りの休日。ゆっくり洗車できる幸せ・・・。
20081125a_rt_left
バリアスコートによるピアノのような艶は中々写真で表せません。
20081125b_rt_right
塗装がメタリックでなくソリッドだともっと凄みが出そうです。
20081125c_rt_meter
明日でちょうど半年。その間17610Km走破したことになります。

20081125a_rt_inba
25日になってちょっと時間が取れたので印旛沼湖畔までテストラン
20081125b_rt_lighting
X'masイルミネーションを施した自宅前で 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお散歩・・・鴨川まで走る

2008年11月21日(金) 35,508Km

今朝出掛けに庭の寒暖計を見ると2度くらいしかありませんでした。今年一番の冷え込みです。夜も冷え込みそうですが、じっとしていられず帰宅途中でお散歩(道草ともいう?)に出掛けました。

21時。稲毛のガススタンドで満タンにして出発です。今夜は先日(大多喜行き)より少し大きめに房総半島を1周したいと思います。

  1. 稲毛→木更津(R16)
    稲毛を出たころはこのままずっと南下して鴨川まで、とも考えていたのですが、今夜は海からの風が強くて断念。木更津から内陸に入りました。
  2. 木更津→鴨川(R465、県道24)
    木更津かから久留里街道で鴨川を目指します。この道は中々快適。途中久留里の街を通り抜けて鴨川有料道路へ出ます。迂回方法が良くわからず150円を払って鴨川へ出ました。せめてETC対応してもらいたいですね・・・。
  3. 鴨川→東金(R128)
    鴨川からは海沿いを北上。茂原経由で東金まで一気にのぼります。
  4. 東金→八街→佐倉(R409、県道277、県道65)
    東金からはひさしぶりにR409を使って八街へ出ました。

20081121c_rt_kururi 久留里の街にて
20081121d_rt_kimitsu きみつふれあいパーク(道の駅)にて
20081121e_rt_kamogawa 鴨川のコンビニで休憩中
20081121f_rt_meter 午前2時。無事帰還

20081121a_rt_kamogawa_2 20081121b_rt_kamogawa2_2
走行距離:220Km
所要時間:5時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内バイク駐車場事情(Up@2011年3月)

2008年11月19日(水) 35,039Km

たまにバイクで都内に行くことがありますが、最近は取締りが厳しくて駐車(駐輪)する場所を探すのに一苦労です。
4輪に比べて手軽に移動できるのがバイクの魅力の一つですが、都内に限っていえば駐車場所の確保はバイクのほうがはるかに大変になってしまいました。人の迷惑になる場所に構わず「放置」する輩が多いからこんな息苦しい状況になってしまったわけで、まあモーターサイクリストとしては自業自得といえばそうなのですが・・・・。
現地に行ってから場所を探していたのでは手間がかかって大変なので、できるだけ事前に調べてから行くようにしていますが、これも良い情報はなかなかありません。

http://
park.po-studio.com/pc/index_pc.html

あたりがいい線だと思いますが、ここに載っていない場所も結構あるようです。

ということで、以下に大型バイクの置ける駐車場を経験ベースでリストアップして独断と偏見で点数付けしていきたいと思います。

  1. 銀座東駐車場 
    (35°40'1.82"N, 139°45'59.42"E)
    歌舞伎座の近く。日産自動車本社ビルの地下にある公共駐車場。
    バイク専用スペースは23台分あるようですが、それ以上の場合4輪用スペースに置かせてもらえることもあります。
    屋根つき、全面舗装です。
    1回1000円。2~3時間以上とめるならお得。
    セキュリティ上も安心感あり。(勿論十分な盗難対策は必要)  
    環境A
    価格B
    セキュリティB
    20081118a_rt_parking_2
  2. 新橋駅東口地下駐車場
    ( 35°39'59.62"N, 139°45'32.58"E)
    文字通り新橋駅東口にある公共駐車場。基本的にバイクは月極めのみですが、お願いすれば4輪と同一料金で置かせてもらえます。
    屋根つき、全面舗装です。
    30分300円なので、3時間なら1800円。ちょっと高いですね。
    置き場所は事務所のまん前なのでセキュリティ上はかなり安心です。(勿論十分な盗難対策は必要)   
    環境A
    価格C
    セキュリティA

    20081118a_rt_parking
  3. 品川駅前 みなと高輪バイクイン(2009.02.15加筆)
    品川駅北口前にあるバイク専用駐車場。
    行ってみましたが、満車でした。58台収容らしいですが、小型専用スペースや月極専用スペースが多く、中型以上は30台もとめられないでしょう。見ていたらたまたま出庫するバイクがいたので駐車を試みましたが、スペースが狭く、残念ながらRTを停めることは出来ませんでした。(20回くらい切り返して無理に停めてみたものの左右のバイクが出れなくなるので断念)
    無人のバイク版コインパーキングなので、セキュリティ上もほとんど自己責任といった感じです。バイク自体の盗難はそれほど無いかもしれませんが、悪戯はされても文句いえなさそうな雰囲気です。
    1時間100円は魅力的ですが、はっきりいってお勧めできません。
    環境C
    価格A
    セキュリティC
    20090215r_rt_shinagawamap
    20090215l_rt_shinagawa 20090215m_rt_shina2 20090215n_rt_shina3
  4. 万世橋駐車場(外神田1-1-14)(2009.010.8加筆)
    ライブカメラあり。
    電話番号, 03-5638-3760.
    営業時間, 24時間.
    駐車料金, 60分100円.
    定休日, 無休.
    収容台数, 21台.
    駐車場形態, 平面自走. 駐車スペース, 幅:1.0m 奥行:3.0m
    (まだ実際に行ったことはありません)
  5. 秋葉原駅前駐車場(外神田1-18)(2009.10.8加筆)
    ライブカメラあり。
    電話番号, 03-5638-3760.
    営業時間, 24時間.
    駐車料金, 60分100円.
    定休日, 無休.
    収容台数, 10台.
    駐車場形態, 平面自走
    (まだ実際に行ったことはありません)
  6. 秋葉原UDXパーキングバイク駐車場(2009.10.08加筆)
    駐車料金は比較的割高ですが、まあまあ安心して停められる駐車場です。
    収容台数 124台
    営業時間 24時間営業
    バイクの駐車入庫受付時間は7:00~20:00
    退場は24時間可能。
    料金 時間料金 2時間まで500円
    最大料金 以降翌朝7時まで最大1,000円
    翌朝7時を跨る毎に1,000円加算。
    利用上の注意 バイクサイズ 小(原付)・中・大型全て駐車可能。
    有人(24時間スタッフ常駐)
    電話番号 03-5289-0989(24時間対応)
  7. ヨドバシカメラ秋葉原店 駐車場
    ヨドバシカメラで買い物をすると一定時間無料。
    10台くらいおける感じでした。
    出入りは狭い坂道ですし、駐車スペースも手狭ですが、ヨドバシで買うものがあればUDXより割安です。
    常駐の係員はいませんが、人通りがある程度あるので盗難の心配は少ないかもしれません。
  8. 港第八虎ノ門3丁目3駐車場
    霞が関に近いコインパーキング。
    収容台数は11台ですが、RT級の大型は2台しか停められません。
    クルマのコインパーキングと同じように、帰る時に料金を払うと輪止めのプレートが下がる、というシステムです。

    20110303a_rt_parkoh_2 20110303b_rt_parking_2 20110303c_rt_charge_2
    海王を置いた場所(とその隣)であればほとんどのバイクが置けると思いますが、それ以外の9台分はビッグスクーターがやっと、という感じです。
    平日昼間30分100円。露天です。
    監視カメラ付き。管理人さんはいませんが、昼間は人通りが多いので盗難の心配は少ないかもしれません。一応チェーンをかける枠も用意されています。
    環境B
    価格B
    セキュリティB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお散歩・・・大多喜まで走る

2008年11月17日(月) 34,754Km

今夜は房総半島の真ん中、大多喜(おおたき)までお散歩しました。

大多喜へはR16(湾岸道路)を木更津方面へ進み、市原手前で左折。R297(大多喜街道)へ入ります。そのまま道なりに南下すると大多喜 横山の交差点に到着します。
横山の手前にちょっとしたヘアピンコーナーの連続があって、リトルいろは坂って感じになっているので、曜日、時間帯によっては怖いお兄さん方が遊んでいたりもします。

横山を直進すると勝浦に抜けるのですが、今日は交差点に隣接したセブンイレブンで小休止の後、左折して県道27で帰路につきました。
県道27はそのまま北上すると茂原でR128に合流。
その後は大網、季美の森を通って佐倉方面に抜けます。

季美の森はゴルフ場のフェアウェイに隣接した高級住宅街で、たまに中の通りを見学させていただくのですが外国の住宅地のような景観が素敵です。

20081117a_rt_ootaki_2 20081117b_rt_ootaki2

走行距離は164Km。
通勤分を除くと正味100Km程度。2時間のお散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目指せ50万キロ!

2008年11月17日(月)34,590Km

5月末の納車からもうすぐ半年です。その間進んだ距離はおよそ16,000Km強。距離の伸び具合を「見える化」してみました。

20081117a_rt_gekkan
月間走行距離の棒グラフ。夏休みの影響か、9月が少しへこんでいます。

20081117b_rt_ttl
こちらは総走行距離。ピンク線は1日100Kmペースのラインです。総じてCBの時よりもペースが落ちています。これはバイクのせいというよりも金欠と休日出勤のせいだと思います。

【用途別考察】
今日現在で納車後16,690Km走行です。
通勤は片道130Kmなので、月20日で2600Km。6ヶ月で15600Km。半年で出張やAL等でバイク通勤しなかった日を15日とすると13650Km。
差し引き3040Kmが通勤以外で消費した距離ってことになります。
今月末までに3500Kmにはならないでしょう。
未だ泊まりのツーリングも行っていない状況からいうと、年間7000Km相当という数字は結構頑張っている?感じですね。

【このまま行くと・・・】
年間34000Kmペースでこのまま行くと・・・
2年半で10万キロ達成。(2011年11月)
5年半で20万キロ達成。(2013年11月)
14年半で50万キロ達成(2022年11月)
目標の50万キロを達成する為にはペースをあげないとヨボヨボになっちゃいそうですネ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末バリアスコートのすすめ

2008年11月15日(土)34,525Km

今週も雨に降られたので、週末洗車です。本格的冬の到来まで、もう少し不安定な空模様が続きそうです。
RTはツルンペロンとしたカウリングと、シャフトドライブのおかげで洗車はとても楽チンです。
そしてはるかぱぱは洗車後には毎回バリアスコートを施工しますが、6月から使ってまだ缶には半分くらい残っている感じです。そもそも薄ーくしか塗らないのに、バイクの場合は使う面積も限定的で、この手のコーティングとして高価な部類のバリアスコートでも金銭的負担はあまり感じません。
汚れのこびりつき防止のためにも毎週末に施工することを皆様にもお勧めいたします

20081115a_rt_zen
相変わらずガラスっぽい艶は流石です。
20081115b_rt_base
サドルレザーは濡れても大丈夫。そのまま洗車します。
20081115c_rt_tank
ガーミン装着の図
20081115d_rt_lock
ホイールに傷をつけないようにXenaにもレザーを貼りました。

20081115e_rt_meter

午後からはまた雨がぱらついてきたので、昨日四谷へ行った時のLogをいじってみたりしています。

20081114a_rt_yotsuya GoogleMapにて表示
20081114b_rt_earth GoogleEarthにて表示
20081114c_rt_earth2
建物3Dなどを入れてレインボーブリッジ上空から。東京タワーも見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお散歩・・・銚子まで走る

2008年11月13日(木)34,375Km

仕事の事でどうも気分がすっきりしないので寄り道をしました。夜のお散歩ツーです。
20時30分、稲毛でガスアップしたらいざ出発です。特に目的地は決めませんが、東総を左回りにぐるりと周ってみることにしました。

20081113a_rt_choushi

四街道から東金を通って九十九里へ。国道126号を北上して銚子。西へ折れて小見川から香取をかすめて県道44を成田空港方面へ。最後は国道51号で帰還です。
途中東金でラーメンをすすり、あとはひたすら走るだけです。
ガーミンのログによると167Km、4時間34分のお散歩でした。

少し寒さを感じたので、ラーメン屋さんを出たところで革ジャンの下にレインスーツを着込みました。ウィンドプロテクションに優れている上に、強力なグリップヒーターを備えたRTですが、これくらいの季節になると朝晩はそれなりに寒さを感じます。まあ、外で静かに立って(座って?)いても寒いでしょうから、インナーもつけない革ジャンでバイクの上に座っていれば、風が当たらなくても寒いのは当然ですね。

それにしても、渋滞していない田舎道を60Km/h程度で流すのは最高です。涼しくなってからというもの、夏の間少しがさついた感触が気になっていたエンジンもまろやかになり、こういう道を走ると改めて認識されるしなやかなサスペンションの動き、各操作系のかっちりした手ごたえとあわせて、すべてが心地よく感じられます。

銚子には久々に行きましたが、この時間帯は昼間だとうんざりする126号の混雑もなくてスーイスイです。特に復路に通った県道44は好印象でした。道幅は決して広くないですが、もちろん対向車とのすれ違いに困るほどでもなく、場所によってはガードレール無しで一歩間違うと「畑にまっさかさま」的なところもありますが、これがなんとなくヨーロッパの田舎道みたいで雰囲気です。車の通りはほとんど無く、信号も少ないのでたんたんと自分のペースで進むことができます。

本当はもう少し走っていたい気持ちに駆られながらも、明日も仕事なので午前1時ジャストに帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーミンのレザーケースを作る(2)

2008年11月10日(月)33,700Km

ガーミンを取り付けて走ってみました。
やはり、というか取り付け位置が手前過ぎてまったく見えないばかりか操作もままなりません。
ということでもう少し前側に装着できるようにフィッティングを自作しました。

フィッティングは大袈裟にならず、ガーミンの着脱も簡易で、でもしっかり取り付けられるもの、という方針でデザイン。ガーミンのケースと同じくサドルレザーでハンドメイドしました。

20081110a_rt_fitting
出来上がりました。名づけて「ダースベーダー降臨」
裏側に固定用ジャンパーホック2個が付いています。
前後方向の傾斜がミソです。

20081110b_rt_before 20081110c_rt_base 20081110d_rt_install
前側はタンクカバーにあるホック2個にフィッティング底部のホックで固定され、後側はモトフィズのアームを使って固定されます。

20081110e_rt_viewing
そこにガーミンを挟み込んだところ。程よいクッションになって振動対策も安心です。
フィッティングが傾斜しているのでガーミンも見やすい角度に固定されます。

もう少しさりげない方が好みですが、とりあえずこんなもんでしょう。しばらく使ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーミンのレザーケースを作る(1)

2008年11月8日(土)33,700Km

金曜から降ったり止んだりの雨模様。今日は自宅でおとなしくしていましょう。
先日届いたガーミンのレザーケースを自作してみました。

そのままでも良かったのですが、走行中バイクに固定する為と、冬場の寒さを少しでも和らげられれば、という理由でとりあえず深く考えずに試作品第1号です。

20081109a_rt_case 20081109b_rt_open 20081109c_rt_back
サドルレザー(黒)をシニュー糸で手縫いです。裏地の一部に赤い革を使ってアクセントにしました。
ディスプレイはカバーしないで、窓を開けただけです。
後ろでジャンパーホックを留めるのですが、そのときケースのフラップで何かに挟み込めばしっかり固定されます。
上部に出たちょんまげ部分にはハトメを入れてシャックルを通す予定です。

20081109a_rt_install
取り付けた感じ。着脱は至極簡単ですが、駐車時のはずし忘れ対策が必要ですね。
20081109b_rt_viewing
着座位置から見たところ。ちょっと近すぎの感じですが、地図を見るのは停車時なので、操作しやすさを優先しました。
20081109c_rt_side
横から見るとこんな風に挟み込んでいます。置き去り防止にメインキーと伸縮ワイヤーでつなぐことを考えています。

しばらくこれで使ってみて、必要であれば第2作を作りたいと思います。

20081109d_rt_meter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーミンが届いた

2008年11月7日(金)33,500Km

昨夜帰宅したらガーミンが届いていました。ネットでオーダーしたのが水曜夜ですから2日でOn-Handです。

20081107h_rt_gamin
購入元はナチュラムさん。本体48,800円でした。日本語版Legend HCxとしてはダントツで安かったです。

昨夜説明書をざっと読みながら室内でいじくってみました。
第一印象としては結構ダサイ(死語?)。ケースのグレー色がパッとしません。大きさ的には”ころん”としていて、もう少し薄ければ、とも思いますが、よく考えると厚さの多くは単3電池ですから充電池にしない限りはこの程度が限界かもしれません。(単3が使えると言うのも捨てがたい長所です)
電源を入れると印象は一変します。あまり期待していなかったディスプレイの解像度は結構高く、文字、地図ともにかなり見やすいです。

最低限の設定を行ったので、本日持ち出してみました。
帰宅後トラックを落としてGoogle earthに表示させて見ましたが、予想通り結構楽しいです。これは色々遊べそうです。
20081107e_
MapsourceからGoogle earthへは一発変換が可能。
簡単です。

20081109e_map
一方Google Mapに表示するには色々手順があり少し面倒。色々調べてやっと成功しました。(2008/11/09)

さて、当面の問題は詳細地図(シティナビゲーター)を買うかどうかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eTrex Legend HCx

2008年11月5日(水)33,300Km
ハンディGPSを選ぶ!
先に書いたようにハンディGPSが欲しいです。お金も無いのですが、冬のボーナスでこれくらいのお買い物しても良いよね、と自分(とカミさん)を納得させ選定を進めます。
■想定する使い方
  1. 【必須】バイクで出かけたときの軌跡収集
    >気ままに走り回った結果を残しておきたい。(後で眺めてにんまりしたい?)
  2. 【必須】バイクや自転車でちょっと出かけたときの現在地把握
    >あくまで「お手軽」にが主眼です。
  3. バイクで長距離ツーリングに行ったときの目的地検索、経路案内
    >これが出来たらデルナビは引退ですか・・・
  4. 予算は5万円程度
    >とりあえず本体のみということで。
軌跡収集だけであればGPSロガーで充分なのですが、ロガーもちゃんとしたものは結構高くて12000円程度するようです。
地図表示ができればチョイ乗りなんかの時に現在地が把握できて便利では、と思いここまでを必須条項としました。
地図表示なしで現在地把握、という手(eTrex VentureHC等)も無くは無いですが、事前準備が必要だったりしてチョイ乗りには向いていないので必然的に地図表示モデルのハンディ機が対象となります。あくまでお手軽に・・・ですから。
世界的には色々なメーカーがあるようですが、日本で使う上で一般的なのはガーミンでしょう。最近はBMWなどが採用したバイク用ナビ「Zumo」を出しているメーカーです。
■新品かヤフオクか
はるかぱぱ的には旧モデルをヤフオクで買うか、最新モデルを新品で買うか、はこの手のモノを買うときに最初の判断になりますが、調べてみると新旧モデルでGPS感度が圧倒的に違うようです。そもそもあまりヤフオクにも出ていないので旧モデルはあきらめて高感度モデルから選ぶこととします。
選択肢は
  1. eTrex LegendHCx (日本\58,800、英語\39,900)
  2. eTrex VistaHCx (日本\79,800、英語\45,150)
  3. Colorado300 (日本\126,000、英語---)
あたりでしょうか。(カッコ内は正規代理店「いいよねっと」さんの販売価格)
1.レジェンドと2.ビスタの違いは電子コンパス・気圧高度計の有無。3のコロラドは新シリーズでCPUがだいぶ高性能化されている模様。ディスプレイも大きくて表示も綺麗らしいです。引換えにバッテリーのもちが悪くなったようです。(←これは痛い)そして何より比較すること自体が無意味なほど価格が高いです。
GPSは動いていないと自分の向いている方向が分からないものなのでトレッキングなどに使う人には電子コンパスは有用でしょう。高度に関しても精度あるログが欲しいのであればビスタが必要です。今回は価格差を埋めるだけの魅力は感じられませんでした。
よって候補はレジェンドHCx。(Hは高感度、Cはカラーディスプレイ、xはSDカード対応の意味だそうです)
■日本語版か英語版か
日本人がガーミンを選ぶときは必ず日本語版か英語版か、という高ーい「日英の壁」!?に当たります。私自身、数年前に購入を検討した時にもこの壁の前で挫折しました。
英語版にはメニュー画面はもとより地図上にも日本語を表示できず、地名がローマ字表記になってしまいます。気にならない、という人もいるようですが、英語力以前の問題で地図の表記は現地の言語で表記されていないと、標識などとのマッチングがうまく出来ずに使いづらいものです。(だからアメリカの地図は英語表記がよい思います)
ということで、今回は(価格的には厳しい)日本語版に限定して考えました。
実はコロラド400については台湾モデルに日本語地図がいれて使えるって情報もあります。どこからかの圧力で今は台湾から入手することは難しいようですが。(手に入れられれば65,000円程度らしい)
■販売店
既に日本語版といった時点で定価は予算オーバー。値引き販売している店を探しますが、ほとんどが定価販売のようです。又も「日英の壁」に阻まれ計画はお蔵入り、ってあきらめかけたところ、アウトドア用品を取り扱っているナチュラムさんが48800円で販売していることを突き止めました。(期間限定みたいです)
早速ポチっと購入。(実は日本語版であることを確認中に特売期間が終了してしまったりして色々ありましたがここでは割愛)
晴れてガーミンユーザーの仲間入りできそうです。
元々地図を見るのが好きで、あても無くぷらっと出かける事が多いはるかぱぱとしてはこのレジェンド、かなり楽しめるおもちゃになりそうな予感でいっぱいです。
先ずは軌跡をGoogleEarthに表示してにんまり、あたりから始めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バイクでカーナビ」について考える

2008年11月2日(日)33,000KM

特別方向音痴というわけではありませんが、はるかぱぱにとって15年以上「カーナビ」は必須アイテムになっています。もう20年近く前のこと、パイオニア(カロッツェリア)から「道は星に聞く」が発売された時には、システムとして大変ごつく、スクロールもページ単位だったので「ふーん」って感じでした。
その後1992年にSONYから発売された製品NVX-1はだいぶまともになって実用になりそうなものでした。かなり高価(560,600円)だったので随分迷いましたが、1993年、意を決して秋葉原のトモカ電気に買いに行ったのです。しかしまさにその時、SONYカーナビ第2世代のNVX-F10(210,000円)が店頭に並んでいたのです!
20081102c_rt_f10_2

今思うと、トモカ電気に新製品が並んでいなかったら50万近く払う気でいたのですから、危ないというかうらやましいというか・・・・。

さて、当然の如くその場でF10を購入したわけですが、それから15年、ずーっとナビ愛用者です。
ナビの利点は地図をめくりながら走らなくて良い、という点と、自分の位置が常に把握できるという点に尽きます。検索とかルート案内とか今では付加価値も沢山ありますが、実はその辺はあまり重要だとは思っていません。私には地図の中で自分がどこに位置するのか、がリアルタイムでわかることが重要なのです。

そして4年位前、2輪(CB750)にもナビを導入することにしました。機種はパナソニックのデルナビ(CN-PV01YD)。 ヤフオクで安く出ていたものをGetしました。
20081102b_rt_pananavi1_3
バグスターのタンクカバーにナビを入れたタンクバッグをのせる、という積載方法で比較的大きい(6.5インチ)ディスプレイのナビをツーリングの時だけ使っていました。
これは海王にもそのまま移植しました。但し、RT用のバグスターのタンクカバーはイマイチなので「モトフィズ バインドシステム用 ナビバッグ」を使っています。
20081102a_rt_motofizz_2
この方式は、食事休憩などでバイクを離れるときにいたずら防止としてバッグごと外したナビを鍵のかかるトップケースにしまっておけるなど、メリットは多いのですが、逆にいえば簡単に取り外せるのでいたずらを心配しなければならない、という事でもあります。
常設式でないので、電源やアンテナのコードがなんとなく雑然としてしまうのもはるかぱぱ的にはかなり気になるところです。

バイクへのナビの取り付けには色々な方法があると思いますが、はるかぱぱ的には機動戦士ガンダム的なブラケットや、自作ナビボックスなど、あまりゴテゴテした取り付けは好みではありません。かといってケーブル類がニョロニョロしているのは論外です。今のタンクバッグ方式はスレスレの妥協点なのですが、できればもう少しスッキリしたいところです。

実は最近金欠って事もあって、長距離のツーリングにはなかなかいけません。会社帰りに100Km程度寄り道する、なんて事で紛らわしているのですが、そんなときにナビを背負って通勤するわけには行かないので、当然ナビなしツーになってしまいます。

このような事情からいつも携帯できるようなGPSが欲しいのです。ハンディタイプであれば取り付けの心配も無く、腕に付けたり首に掛けたりすれば盗難の心配もありません。
軌跡だけでも取れれば結構楽しめそうなのでGPSロガーも魅力的ですが、それでも1万円くらいするので悩ましいところです。GPSロガーに比較して地図表示機能があるハンディ機は、

  1. 都内など走るときに走りながらでなくても確認できる地図があると便利? (走りながら見るには画面がチト小さい)
  2. 海外出張(旅行)の時にもカーナビがあると便利?(地図は高いけど)
  3. 当然ログも吐き出せるし・・・(つまり機能は包含している)

という点が魅力です。

早速ネット上でいろいろ勉強したところ「ガーミン eTrex Legend HCx日本語版」あたりがヨサゲです。
20081102d_rt_legendhcx_2
英語版はずっと安価ですが、日本地図の地名がローマ字っていうのは使いにくそう。 こいつの良いところは、

  1. 小さいところ。→置き場所に困らない
  2. 単3電池2本で25時間駆動可能なところ。→電源コード不要
  3. 簡易防水→突然の雨に慌てない

でしょう。
これを使うとデルナビは不要になるか、というとそれは使ってみなければわかりません。大きくてきれいな画面にわかりやすい経路案内機能がついたデルナビは、少なくとも長距離を一気に走るときには強い見方です。高速道路で、次のSAのガススタンドは出光かどうか、なんてことはガーミンでは調べられないでしょう。完全に置き換えられるとは思えません。
でも近距離のプチツー(含通勤)であればわざわざデルナビを付けないので、初めての場所に迷わずいける、とかログが取れる、という使い方ができると思います。(こうやって考えると実用というより高価なおもちゃだ)

問題は価格。定価で58,800円。付属の地図は粗くて(20万分の1)使い物になりそうもないので詳細地図も必要。更に2万円近くかかります。金欠でツーリングにもいけないはるかぱぱにはやっぱりロガーかな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »