« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

夜の散歩

2008年9月24日(水)29,500Km

今夜は会社から帰るのが遅くなりました。ついでにちょっと寄り道して帰りましょう。
今晩は昔よく通った道や場所を辿ってみるプチツーです。

20080924a_rt_map久しぶりに通る道は、整備されて拡張されていたり、開発で大きな建物が建っていたりして懐かしいような驚くような感じです。
でも変化があるのは大通りに面した部分が主で、一歩住宅街に入るとタイムスリップしたように昔のままだったりして、これも逆に驚かされます。
船橋から飯山満、芝山、高根を周って坪井に抜けます。その後島田台、船尾、印西を周りました。

秋になってうだるような暑さがおさまり、RTで走っていると適度な緊張と心地よいリズムでとても癒されます。
エンジンはいよいよ絶好調。ねっちりとした回り方とビッグツインの振動は、一種生き物の鼓動のようです。国産マルチの精密な回り方も魅力的ですが、一見ラフなようで優しい音と振動は「癒し」という意味では一枚も2枚も上手だと思います。
エンインオイルは交換から既に2500Kmを経ていますが、涼しくなってきたことですし、今回はいけるところまで延長してみようと思っています。もしかしたら5000Kmまで一気に伸ばせるかもしれません。(喜コストセーブ)
あわせて、量が少しだけ心配な交換したてのトランスミッションオイルですが、ギアのスムーズな入り方から推察するにほとんど問題なさそうです。

それにしても4速60Km/h~5速80Km/h程度で空いた田舎道を流す海王は、普段の通勤ルートと違って、純粋に走っている事自体を楽しめます。
ツーキングも決して楽しくないわけではないですが、やはり義務感というか責任感というか、そういった堅いものを背負いながら、周りの4輪車、2輪車に気を使って走る・・・・大げさに言えばそれは「戦い」です。
空いた道を自分のペースで気の向いた方角へ流す・・・・やっぱり「遊び」は良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランスミッションオイル交換

2008年9月23日29,382Km

ギアオイル交換です。
とりあえずカストロールMTFを買ってきて使ってみたいと思います。
フィルポートがちゃんと開けられることを確認してからドレインポートを緩めます。

20080923d_rt_oilRTのドレインポートは奥まったところにあってそのままでは周りが汚れそうなので、厚紙とアルミホイルでジョウゴを自作。これで古いオイルを抜きます。

20080923e_rt_gear抜き終わったら新しいMTFを入れておしまい。
但しボケッと作業していたらミスってしまいました。何も考えずにオーバーフローするまで入れてしまいましたが、規定量(800cc)計って入れなければいけませんでした。
950ccも入ってから気づきました。

今回は150cc抜いて良しとします。
周りをきれいに拭いて作業完了です。

20080923f_rt_komuro軽く走り回って異常が無いことを確認します。
パーツクリーナーを使ってかなり入念に清掃したのですが、マフラーに付いたオイルが焼けてしばらく臭かったです。
それ以外は異常なし。ギアがスパっと入るようになってやった甲斐あり、です。
20080923g_rt_garage夜の千葉県を2時間ほど走って帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーター照明 バルブ交換

2008年9月23日(火)29,300Km

先日球切れ発生のタコメーターを修理しました。
パーツはプラッツ愛媛さんのご厚意で送ってもらいました。(多謝)

さて、メーターの裏側にアクセスするために色々はずさなければならないようです。

  1. ウィンドシールド
    とりあえずこれははずさないと駄目ですね
  2. ウィンドシールド下のパネル
    これも6本のスクリューでとまっています。かんたん簡単。
  3. インナーパネル
    これも比較的簡単に外れます。今回はハーネス類ははずさないで、ずらすだけにしました。
  4. 左側サイドカウル
    アクセスコンディションの為にはずしました。メーター関連の作業であれば、慣れればはずさないでいけそうです。
  5. スピーカーボックス
    メーターを固定している下側のボルトが干渉するためにスピーカーもずらします。

なんだかんだで取り外しに1時間程度かかってしまいました。様子がわかった後の取り付けは30分程度。次回からはもう少し効率的に作業できそうです。
バルブはメーターハウジングの外側から差し込んであるだけなので、メーター自体の分解は不要です。分解するならセロファンなどをつかって照明の色を変えてみようかと目論んでいましたが断念です。

今回の作業はタコメーターだけ。おそらく同じ構造のスピードメーターは後日実施の予定です。
※実際交換後に確認すると、タコメーターのほうがはっきりと明るいのがわかります。やはり経年劣化するようです・・・・。

20080923a_rt_remove

結局こんなに脱がされてしまった海王。まあ、今回はカウル外しの練習って事で。


20080923b_rt_cowl

はずすと置き場所に困るのがカウルです。
本当は天井から吊るしたほうが(踏みつけ防止としては)良いのですが、今回はデッキの上に放置です。



20080923c_rt_meter_2点灯試験。
ちゃんとなおりましたよ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメット オリジナルペイント(その後)

2008年9月20日(土)29,100Km

20080920a_rt_before1週間の硬化期間をおいて「磨き」に入ります。
まずは1500番のペーパーで水研ぎ。お風呂場でシャワーを浴びながらじっくり小一時間。
すっかり つや消しになった状態で一旦乾燥。
今回は時間が無いので浴室乾燥機で洗濯物と一緒に乾燥です。
その後ペイント部分以外に入念なマスキング。
今回はポリッシャーがあたりますのでしっかりテーピングします。

20080920b_rt_tools次はいよいよポリッシャーで磨きです。
1200番、2000番、3000番の3段階のコンパウンドを使って徐々に磨きこんでいきます。
ヘルメットは丸いので(車のボディにくらべて)大変磨きづらいですね。
悪戦苦闘しながらなんとか全面つるぴかに磨きました。

20080920c_rt_after再度きれいに洗って、エアーで水気を飛ばしてから吊るしてゆっくり乾燥です。
ゆず肌がきれいにとれてびかびかの鏡面です。
最後にポリラックでコーティングして出来上がり。

20080920d_rt_with下には海王がスタンバイ。
今日は雨模様なので出番無しです。

乾燥後にエアダクト類を強力両面テープで貼り付けて完成です。
初回としてはまずまずの出来上がりだと思います。20080920e_rt_up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーター照明

2008年9月19日(金)29,000Km

一昨日の夜、ふと見るとタコメーターの照明が1つ切れていました。
球切れのようです。

簡単であれば自分で交換してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり

2008年9月16日(火)28,800Km

都合で4連休をいただきました。
家の仕事などそれなりに忙しい休日でしたが、今日は予報に反して晴れたので午後に洗車をしました。

20080916a_rt_f洗車後にはいつもの通り一走り。
RTは特にオイルクーラー周りに水がたまりやすく、洗ったら必ず走らないと腐りそうです・・・。
ボディはバリアスコートのおかげで艶々です。かんたん施工であれば洗車の度に施工してもほとんど負担になりません。

20080916b_rt_r_2 ここは近所の裏道ですが、一見ドイツの田舎道みたいでお気に入りの風景です。
最近は朝晩はすっかり涼しくなり、夏の終わりを感じさせられます。
暑かったけど短かったね。夏って感じでしょうか。

20080916c_rt_h_2 硬化待ちのヘルメットはこちら。磨いていないのでまだ艶がないです。
エアダクトもつけていないので明日からはテープでふさいでツーキングの予定。
入手が難しい純正色(バイアリッツブルー)ではなく、トヨタの紺色(ブルーマイカ)を使った色合いも、ボディ色となかなか合っているようで一安心です。

4日間ほとんど乗らず、で距離は進まず・・・です。20080916d_rt_meter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメット オリジナルペイントの巻

2008年9月13日(土) 28,800Km

現在使っているヘルメットはSHOEI J Force2.その前に使っていたArai SZ Ram3に比べて頭の形にフィットしていること、ベンチレーションが優れていること、そして何よりシールドが外しやすい事が気に入っています。(通勤で実用にしているはるかぱぱとしてはシールドのメンテナンスがしやすいっていうのはとても重要なポイントです)
反面、シールドそのものはアライよりも薄い感じで、塗装の質感もイマイチでしょうか・・・。

購入から3年が経って本来であれば買い替えの時期ですが、ちょっといたずらでオリジナルペイントをDIYしてみました。

20080913a_rt_helmet_2◆まずははずせるものは全部はずす、ってことで縁ゴムも引っ剥がします。
その上で前面に軽くペーパーをあてて足付けを行い、慎重に計測しながら引いたラインに沿ってマスキングします。

20080913b_rt_pate◆下地処理としてわずかにあった引っかき傷とあご紐を留めるリベットの頭をパテで埋めま した。
その部分もペーパーで仕上げてあります。
この時点で体は粉だらけ、ヘルメットはつや消しで「不安モード」全開です。

20080913c_rt_surfacer◆下塗りとしてサーフェイサーを吹きます。
この時点で家族からは「えーっ灰色にするの!」と言われています。
サーフェイサーを吹くと塗装面の厚さが気になるのですが、この後のペイントの「のり」を考えてひと吹きです。

20080913d_rt_blue◆さて、1時間ほど乾燥させた後でいよいよほんとうの色付けです。
今回はバイアリッツブルーに近そうな色を街中で探してトヨタ純正色にしました。
最近のプリウスなんかに使われている色です。

20080913e_rt_top◆乾燥させながら入念に重ね塗りして出来上がったらすぐにマスキングを剥がします。
ドキドキの瞬間ですが、にじみも無くまずまずの仕上がりのようです。
同時進行で取り外したエアダクトにもペイントしています。

20080913f_rt_rear◆後ろ側はこんな感じ。
この時点ではデザインが確定していなくて、やりながら考えています。
やっぱりこれだけではさびしいので、ワンポイントを作りたいと思います。
こういう時に絵心があると自分で何か描けるのでしょうが・・・。

20080913g_rt_kaioh◆アクリル系のスプレーはすぐに乾きますが、念のため2時間程度乾燥させた後で1500 番のペーパーで軽くサンディングします。境界部分のバリをとったり、上塗りのウレタン塗料の足付けにします。
サンディングが終わったらSHOEIのステッカーを貼って海王の前で記念撮影。どうですか?結構マッチしているでしょ

いよいよ!再度マスキングしてウレタンのクリアペイントです。これをやっておかないとペイントはすぐに痛んでしまいます。2液性のウレタン塗料も最近はスプレーで買えるようになって便利になりました。(サザエママによると、地球に優しくないので使うな、と言うことですが・・・)
垂れる寸前って言うのが理想ですが、まあ多少ざらついても後で磨くこととして薄めの膜で何度も何度も重ね塗りです。

20080913h_rt_apple◆後ろ側には色々悩んだ挙句、某メーカーの林檎印を配することにしました。BMWロゴで はいかにもですし、今回のテーマはNEOクラッシック(何それ?)なので、定番の血液型シールでは少し今風に過ぎるからです。色はシルバーと赤で悩みましたが、結局に決定です。

20080913i_rt_front◆縁ゴムなどを復旧してエアダクトを仮組み。とりあえず完成の図です。
実際には1週間の乾燥の後に「磨き」の工程が待っていますが、その間も通勤で使うので走れる状態まで復旧です。
別にペイントしたエアダクトとのラインもきっちりあっているでしょ

20080913j_rt_side◆横から見るとこんな感じ。トヨタ純正色「ブルーマイカ 8M6」は結構濃い色ですが、光が当たるとこのように明るく反射します。この感じがバイアリッツブルーに似ています。トヨタは同じブルーマイカって名前でも5種類以上のカラーコードがあって調べるのが大変でした。

20080913k_rt_rear◆後姿はこの通り。後ろのエアダクトはオリジナルのパールホワイトのままとしました。 塗り分けパターンを色々シミュレイトして見ましたがしっくり来ないのでアクセントとしてこの状態です。後ろから見るとなんとなく耳みたいですね。

20080913l_rt_logo◆アップで見るとこんな感じです。ラインの幅は2mm。本当はさらにシルバーのラインテー プで縁取りしようと思ってテープは買ってあったのですが、カー用品店で売っていたラインテープは厚さが厚くて使い物になりませんでした。でもこのモノトーンな感じも結構良いと自己満足です。

とりあえず今週末の作業はここまで。
来週はダクトは付けずにツーキング。来週末に磨きをはじめます。
ヘルメットって丸くてポリッシャー掛け辛そうですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田を走る

2008年9月3日(水)28,000Km

仕事で成田空港へ行きました。お昼に少し時間が空いたので周辺をプチツーです。
成田空港近辺(多古側)は緑が多く残っていて、ゆっくり流していると癒されます。

航空博物館や桜の丘で休憩しながらコンビニのお握りでかんたんランチ。1時間程度のお散歩でした。

20080903a_rt_start 20080903b_rt_hakubutu 20080903c_rt_plane 20080903d_rt_side
桜の丘では離陸する飛行機を見ることができます。RTの上空にはアリタリア航空が離陸中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万キロ総括【維持費編】

2008年9月3日(水)28,000Km

ようやく納車後1万キロを迎えます。
数回に分けてこの1万キロを総括したいと思います。
第3弾は維持費編。

まあ当然といえば当然ですが、10000Km/3ヶ月程度で走行不能に陥る故障は皆無です。
まだ税金などの支払い時期もきていませんので維持費と言っても消耗品交換費用だけです。
以下に代表的消耗品についての状況を記します・

  1. エンジンオイル
    現在のところ5000Km毎の交換を実施しています。もっとも頻繁な整備作業であり、費用もかかっている部分です。ディーラーで実施すれば○万円は堅いでしょうが、自前なので純粋にオイル代+フィルター代だけです。
    当初シェブロンなど安価な鉱物油(300円/ℓ程度)を試しましたが、少なくとも酷暑時期には劣化が激しく、現在はカストロールRS10w-50(745円/ℓ)を使っています。
    1回の交換(+その後の補充用)でおよそ4ℓ必要なので、3000円/2500Km。=12000円/1万キロです。
    →3000円/5000Km。=6000円/1万キロです。(2008年11月改定)
    それにオイルフォルターを数回に1回交換します。こちらのパーツ代は2000円程度です。
    維持費としては14000円/リットルです。
    →維持費としては8000円/リットルです。(2008年11月改定)
  2. ギアオイル・デフオイル
    1万キロ毎に交換の予定ですが、キリが良くないので総走行3万キロで交換の予定です。2つあわせて1リットル必要。オイル自体はこちらも1500円/リットル程度のものを物色中です。
    維持費としては1500円/1万キロです。
  3. タイヤ
    一説には1万キロが限界なんて人たちもいますが、今のところ1/3程度の消耗でしょうか。できれば3万キロ程度持たせたいですね。1回パンクしました。こちらの修理費は2500円。タイヤ自体は2万キロに1回交換として、これもディーラーではなくタイヤショップで持ち込み3万円位を見込んでいます。
    維持費としては15000円/1万キロです。
  4. エアフィルター
    1万キロ毎に交換の予定ですが、キリが良くないので総走行3万キロで交換の予定です。パーツ代は1つ2300円。
    維持費としては3000円/1万キロです。
  5. イグナイタープラグ
    まだ未交換。交換の予定もありません。
  6. バッテリー
    まだ未交換。交換の予定もありません。

こうやってまとめるとエンジンオイルの比率が異様に高いですね。2500Km毎と言うのはエンジンオイルでギア関連も潤滑しているCBで定めたものですが、4輪と同じ方式のRTでは5000Km毎程度に改めたいと思っています。
→2008年11月から5000キロ毎に変更しました
バイクのタイヤが割高なのはわかっていることなので、これは仕方ないでしょうか・・・。
その他もCBにくらべて特段高いものはありません。

20080903e_rt_front 20080903f_rt_rear 前後のタイヤはこの程度。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オイル交換(8月末)

2008年8月31日(日)27,800Km

定例オイル交換。
今回もとりあえずカストロールRS 10w-50.
ようやくレンチが手に入ったのでフィルターも交換しました。
RSは今までの中ではもっとも印象が良いです。真夏でなければ2500Km→3333Kmの交換サイクルの延長は十分可能そうです。
ただし単価が高く、ペール缶(20ℓ)で22000円程度が相場。上位のシントロンとほぼ同額です。ホームセンターでは4リットル缶が3980円なのでかえって安いくらいですね。

終わった後でテストラン。連日の豪雨の合間にお日さまがのぞきました。

20080831d_rt_inaho 20080831e_rt_right 20080831f_rt_left_2 20080831g_rt_meter_2
バリアスコートの硬質な艶は相変わらず。施工がかんたんなので洗車の度に塗ってしまいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RTでipod

2008年8月31日(日)27,800Km

RTには車載オーディオが装備されていますが、ヘッドユニットは旧泰然としたカセットデッキ。スピーカーも上等とはいえないものなのでFM放送すら聴くきになりません。
深夜の帰宅時など、眠気防止には音楽は効果的なので、CBに乗っているときからヘルメットの中にイアフォンをしてipodを聴いています。
今までは、リモコン付きイアフォン「iPod Radio Remote:\5800」で操作をしていましたが、このリモコン、断線しやすくて購入後半年で1度壊れました。これはAppleストアの補償で新品交換。その後1年半でまた壊れました。
さすがに保障期間は終わっていたので、別途購入することにしました。

今回購入したのは「Monster iEZClick Remote Control for iPod」という商品。

リモコンは野外の使用や雨天時でも使用できるような耐天候製の設計になっていますので、スノーボードやフィッシングなど色々なシーンでお使いいただくことが出来ます。操作ボタンも大きく設計されていますので、手袋などをしたままでも使いやすいようになっています。また、標準ではベルトクリップが付いており、付属のアームベルトと付け替えて使うことも出来ます。 ドックコネクターに接続して使用するレシーバーは、23.5mmx30mmのとてもコンパクトなサイズになっています。

だそうで、9800円。ちょっと高い気がしますがRF方式でかばんの中のipodでも操作できるって点を買って決定です。

実際使ってみると、今までのレザーケースではポケットに入れたipodとiEZClickのレシーバ ーの接続が緩んでリモコン操作ができなくなることがたまにあります。ケースに開けられたドックコネクタ用の穴を広げる手もありますが、ここは一発専用ケースの自作をすることになりました。

20080901a_rt_ipod_2 20080901b_rt_case_2 20080901c_rt_case2_2 20080901e_rt_ipod_1_2 20080901f_rt_ipod_2_2
レシーバーはかなり小型。これをくるむ形のケースを作ります。右側は今まで使っていたケースです。いずれもサドルレザーでハンドメイド。

防水設定のリモコンは付属ストラップを使って腕などに巻けるようになっているのですが、今回は革でアタッチメントを作って裏にジャンパーホック♀をつけてタンクカバー(こちらにはポーチを取り付けるためのジャンパーホック♂が元々あります)に固定しました。
これでipodはポケットに、イアフォンをヘルメットの中につけて操作はリモコン、というスタイルです。このリモコンの優れた点は電源On/Offまでコントロールできる点。うまくすればipodはトップケース内のかばんにいれて長~い延長コードで耳元まで線をつなげば雨の日も安心になります。
20080831a_rt_leather_4 20080831b_rt_ura_4 20080831c_rt_fitting_2
リモコンは比較的大型。タンクカバーに取り付けました。

併せて購入したのは「audio-technica ATH-CKM50」。

・『音』創りにこだわった新開発ドライバーを採用した高音質設計。20080901d_rt_audio_2
・深みのある低音とメリハリの効いた中高音が奏でるリアルサウンド。
大型ドライバーユニットとカナルタイプのお互いのメリットを最大限に活かし、低域をしっかりと効かせ、中高域をよりクリアな音質に仕上げました。
・装着性・音漏れ防止に効果的な、高密閉性ファインフィットイヤーピース。
快適な装着感に加え、密閉度の高いイヤーピースで音漏れの防止、音質の向上を実現。新開発のファインフィットイヤーピースを採用しています。

だそうですが、聴いた感じでは少し低音が強調されすぎのようです。個人的にはもう少し自然な方が好きです。ただし耳への密着性は大変すばらしく、周囲の雑音を効果的に遮断してくれ、RTの騒音が2段階くらい静かになった錯覚を感じます。(運転と意味では功罪半ばでしょうか・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »