« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月に作成された記事

1万キロ総括【乗り味編】

2008年8月26日(火)27,200Km

ようやく納車後1万キロを迎えます。
数回に分けてこの1万キロを総括したいと思います。
第2弾は乗り味編。

  1. 一般道
    実は一般道を60~80Km/hで流しているときが最もお気に入りです。
    着座姿勢が自然で、結果視界がよく、体に無理な力がかからないので疲労も少ないです。
    流れている分には車重を意識することはほとんどなく、倒しこみも軽いのでスイスイと走り抜けられます。
    エンジンが3000RPMも回っていれば通常の加減速に不自由することは無いので快適に自分のペースを維持できます。
  2. 渋滞路
    まあ、RTに限った話ではありませんが、バイクにとって渋滞はうれしいものではありません。車の列の影にはいつも危険が潜んでいますし、夏になれば車自体が発する熱も半端ではありません。
    RTは長時間のアイドリングをメーカーが禁止していますので、長い停車時にはエンジンを切ることになりますが、再始動時にはブレーキのセルフテストが必要なので、余裕をもったエンジンスタートが必要です。
  3. スリヌケ
    本来車と車の間をすり抜けるのは大変危険です。とはいうものの、渋滞した列に並ぶのは大変なので、大きな通りで余裕があるときにはスリヌケを敢行します。
    RTは見切りがよく、巨大な車体に割にはスイスイ狭いところに入っていけますが、通れるかどうか、というより(飛び出しがあったときなどに)止まれるかどうか、の部分でスピードは出せません。後ろに着かれたときにはできれるだけ道を空けるようにしています。
  4. 高速道路
    一般的には高速道路がRTの最も得意とする場面と言われています。残念ながらあまり使う機会が無いのですが、たまに使うと確かに楽チンです。何より防風効果が有効で、風圧を感じません。結果音も静かなので疲労の度合いがとても少ないです。6速3000RPMで100Km/hというギアレシオも余裕がありますね。
    まあ、個人的には景色の変化が乏しい高速道路はあまり好きではありません。仕事で短時間に長距離を移動しなければならないとき以外は一般道を選んでしまいます。
  5. 雨の日
    なかには「雨の日も走っている限りは濡れない」的な記述を見かけますが、先ずありえません。ザーッとごく短時間降るならまだしも、ある程度の時間雨の中を走ればヘルメットに付いた雨滴は下に流れて肩から下を濡らしますし、またシートに落ちた雨滴はシートを伝ってお尻の下に流れ込みます。RTのカウルは風圧自体はよくプロテクトしますが、大粒の雨には重さがありますので「走っていれば濡れない」なんてことは無いわけです。
    まあ、濡れるのは当然として、雨の日にも無理の無い姿勢による良好な視界とABSで安心して走行できます。シャフトドライブなのでチェーンの状態に気を使うこともありませんしね。

という訳で、走っている限りはとても快適なRTです。
国産マルチなどと比較すると、とろくて刺激が無いと感じるかもしれません。
ただ、水平対向エンジンの素朴な振動を味わいながら田舎道を流していると、そこにはなんとも癒される味わいを感じることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万キロ総括【ハードウェア編】

2008年8月26日(火)27,200Km

ようやく納車後1万キロを迎えます。
数回に分けてこの1万キロを総括したいと思います。
先ずはハードウェア編。

  1. エンジン
    タッタッタッ・・・と軽く振動しながら回るエンジンは、乗り手を急かすことなく好印象です。特別に力がある訳でもなく、感覚的には最新CB750(RC42)と比較しても同程度の馬力・トルク感しかありません。
    エンジンオイルの状態に敏感な面があって、粘度が下がってくるとフィーリングが悪くなり、一番美味しいはずの3000RPM近辺から気に触る振動が発生します。逆にいえば、オイルさえ状態がよければ「さすがBMWボクサー」と感銘するフィーリングを味わえます。
    巷で言われるようにオイル消費も現代のガソリンエンジンとしては多めです。一般道を走る分には1リットル/5000Km程度ですが、高速道路を使うと倍以上消費するようです。
  2. サスペンション
    前後ともかなりやわらかめの設定。それでも路面の状態はしっかりつかめます。車重に対してホイールベースが短めな為か路面がうねると不快なピッチングを感じることがあります。このホイールベースのおかげで想像できないほど身軽なコーナリングなどが実現している部分があるのでしょうから納得できる設定です。
  3. ボディ
    フルカウルのボディは磨くとすばらしく綺麗になります。エンジン部などを含めてつるんペロンとした形状は洗車が大変楽チン。各部の建てつけ、仕上げが上等なのも価格相応で満足のいくものです。センタースタンドを立てる為のレバーなんかのアルミの造作は、見ても触っても上質です。
  4. ブレーキ
    何かと指摘されることが多い前後連動ブレーキですが、まあ、細かい不満はあるものの「絶品」と断言します。ともかく安心してパニックブレーキ(変な表現ですが)が掛けられるブレーキです。そんなにスピードが出ていなくても、横道から車が飛び出してきたりしたらなかなか冷静にブレーキ操作は出来ないものです。
    低速時スムーズな操作をするには少し馴れが必要ですが、1回でもこのブレーキのおかげで衝突を回避できたとすればそれは大きな価値だと思います。この辺はBMW(というかドイツ人)の安全思想に感服します。日本のメーカーでは(低速時の取り扱いを考えると)製品化は実現しないと思います。
  5. 駆動系
    シャフトドライブは実質メンテナンスフリーなので実用に使うには最高に便利です。
    シャフト自体には多少バックラッシュが感じられ、できればこの辺がもっと精密にできると高級感が増すのだと思います。
    シャフトドライブ特有のジャイロ効果は、私のヘタレペースでは全く気になりません。
  6. 電装系
    バッテリーはカウルを外さないと点検すらできません。未だ1回も見ていません。
    ヘッドライトは暗めで、あまり印象はよくありません。これでもフォグランプが付いて1100RTよりは明るくなったとの事ですが・・・・。普段はフォグなんて使いませんからね。
    メーター類は見やすさという意味でよく出来ています。警告灯も大型です。できればメーターの照明を4輪BMWのように赤に近いオレンジにしてくれれば雰囲気だったのですが・・。
  7. 各部操作スイッチ
    ハンドル周りにある操作スイッチはそれぞれが大きく、操作感も節度があって好ましいものです。
    但し左側にあるヘッドライト/ウィンドシールド/純正オーディオのスイッチは同じような形状のものが並んでいて混乱することがあります。スイッチの向きや形をもっと変えたほうが良いと思います。
    また、ドイツ人規格なのか、グリップからスイッチまでの距離が遠めで、日本人の指ではウィンカーのキャンセルスイッチなど少し届きにくいです。あと2mmでも近いと楽チンなのですが・・・・。
  8. パニアケース
    ケースそのものは大変便利です。トップケースと共に手放せないアイテムです。
    しかしロックの仕掛けがイマイチです。蓋を開けた状態でキーを抜くことがありますが、この状態でレバーだけ戻すとロックインジメータ(アルミの板ッペら)が曲がってしまいます。レバーの操作が通常でも硬めなので、インジケーターが出ていることに気付きにくいのも残念な点です。この辺もドイツ的って感じですが・・・。
  9. 燃費
    真夏期で18~20Km/㍑。涼しくなればもう少し伸びそうです。バイクの大きさを考えると立派なものでしょう。
    但しハイオク指定。レギュラー100%ではノッキングの兆候あり。フィーリングもだいぶ落ちます。50%では全部ハイオクの状態とほとんど変わりませんが、給油がめんどくさい。結果いまは100%ハイオクで使っています。
  10. 騒音・振動
    大型ツインとしては静かなほうでしょうか。例えばハーレーなんかと比べればかなり静かです。
    アイドリング時の振動はそれなりで、国産マルチとは比べられません。音質もショボイです。
    2000RPM以上回すとかなりスムーズになり、振動、音とも気にならなくなります。5速、6速で3000RPMあたりになるとYS-11のような音になって旅心をそそります。

という訳で、ドイツもんの機械ですから、ハードウェア部はなかなか魅力的に作られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座

2008年8月21日(木)26,900Km(携帯から)

仕事で四谷まで行きました。
このところ一時期のうだるような暑さは少し弱まって、都内でもゲッソリしなくて良くなりました。秋ももうすぐそこですね。
RTは見た目大変暑苦しいですが、実際はウィンドシールドを下げれば結構風を感じられますし、エンジンからの熱も国産マルチよりもマイルドな感じで、見た目ほど暑くはありません。
とはいえ、真夏の都内の渋滞はうんざりさせられます。

銀座 
四谷を出て皇居へ向かいます。正面が半蔵門方面。
銀座 
皇居をぐるっと回って桜田門を通過。ここは日比谷交差点。

銀座 
そして銀座4丁目。

銀座 
1,2年前晴海通りが延長して勝どきから有明に抜けられるようになりました。この近くに築地市場が移転する計画があります。

銀座
わき道にそれてちょっとひと休み。

銀座
帰宅直後から雷を伴った豪雨!濡れずに済んでラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクとメガネ

2008年8月15日(金)26,400Km

視力が悪い方には申し訳ありませんが、子供の頃から視力には苦労をしたことがありませんでした。
ところが最近めっきり視力が落ちてしまいました。
年齢相応に老眼は進行しているのですが、これは近くを見るときの話。バイクの運転には不自由はありません。問題は中長距離の焦点が合わなくなってきたことです。
左右の視力のバランスも悪いような気配で、どうしようもないのでメガネ屋さんに行ってきました。

結果は「遠視」。近くは老眼、遠くは遠視・・・だそうです。遠視で遠くのものが見えなくなるとは知りませんでした。左右で3段階~4段階「度」が違っているので、これが違和感の原因のようです。
だいぶ迷いましたが、普段使い用にメガネを作ることにしました。

今までも仕事場には老眼鏡を手元に用意していましたが、歩行時などはもちろん外していました。今度のメガネは「かけっぱ」前提です。
問題はヘルメットとの関係。お店にはヘルメットをしたときのメガネの掛け方、なんて資料もあり、それによると、ヘルメットを途中まで被ってからメガネを装着。最後にヘルメットを最後まで被る・・・という手順だそうです。
お店にヘルメットを持ち込んで実演しましたが、まあ出来なくは無い、という感じ。色々試しましたが、普通にメガネをしたままヘルメットをそうっと被ればよいことが判明。皆さんどうしているんでしょうか・・・。

購入したメガネはリンドバーグの「エアチタニウム」というモデル。カミさんが使っていて、軽くて壊れないのでこれにしました。

さて、どうなるかメガネ生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETCの利用証明

2008年8月9日(土)26,000Km

本日も休日出勤。夏休みだというのにチビたちと遊べません。
片道65Kmの通勤は基本的に下道だけの利用ですが、急ぐときなどはたまに高速を使います。社用の移動だったりすると交通費清算が必要になりますが、ETCが導入されてから割引などが複雑で、領収書もその場で出ないので庶務担当が大変になったとぼやいていました。

ETCの利用証明には、「ETC利用照会システム」を使います。
http://www.etc-user.jp/
ここにアクセスして、ETCカードの番号と、車両ナンバー4桁を入力すると、直近62日間の利用照会が可能です。
結果はPDFフォーマットでダウンロード可能で、これを自分で印刷して領収書とする、って方法です。一般社会人には良いですが、お年寄りやPCが苦手な人は困りそうです。
※ETC無線通行時の利用証明書が発行できます。(係員の取り扱いがあった走行は、対象となりません)
※過去62日間の走行が対象となっています。
(本日より過去62日を越える期間における利用証明書の発行はできません。)

※本サービスにより作成される利用証明書には、ETCカード番号は、表示されない等、係員がお渡しする利用証明書とは、異なります。
※利用証明書に記載される通行料金は、実際に請求される金額と異なる場合があります。
通行止めによる乗り継ぎ調整時など)

20080809a_rt_etc これが利用証明書。
画面で複数選ぶと、まとめて1つのPDFになります。
証明書の中に「取扱番号」というのがあって、これを用いると更に詳しい「走行明細確認」が可能です。

20080809b_rt_shosai_2 これが走行明細確認。
※本サービスで発行された利用証明書の走行明細確認ができます。
※利用証明書記載の走行日から124日間走行明細確認が可能となっています。

だそうです。この例は、上記利用証明書の右側の東関東自動車道の分を表示したものです。
こちらはPDFにして証明書にすることは出来ないようです。

バイクの場合、高速道路の料金所で支払いをすることはとても大変なので、ETCはとても便利です。
無線走行で支払いをする場合、ゆっくり走ってゲートのバーが開くことを確認しますが、4輪ドライバーの多くはすごいスピードで通過することが多いので追突されそうで怖いことがあります。(あれ、何でムキになってスピード出して通過するんでしょうねえ・・・)

さて、26,000Kmを超えてまずまず快調の海王ですが、

  1. パンクしたタイヤをどうするか?
    交換するなら前後ペアで、。でもまだまだ山もあるし・・・。でも出先で空気が抜けたら悲しいぞ。
  2. タンデム用ヘルメットをどうするか?
    RTにしたからにはカミさんを後ろに乗せてどこかに行きたい。CBでは乗りたがらなかった(誘いもしなかった?)彼女もまんざらではなさそう・・・
  3. 遅い夏休みのツーリングはどうするか?
    昨年は能登へ2泊。今年は金欠なので1泊でよいから信州あたりに・・・・

なんて考えていますが、計画を立てる暇もなかったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波山へ

2008年8月6日(水)25,700Km

本日訳あって3時間ほど自由な時間が取れたので筑波まで走ってきました。
昨夜のパンク修理がうまくいっているかを確認するって名目です。

20080806a_rt_tsukuba

見事な晴天、というか酷暑!
気温は35度を超えているようです。
関東地方は連日午後は雷が酷いので今日ももしかしたら、と思いましたが杞憂でした。

20080806b_rt_run_2つくば市の大通りには並木があって日陰が嬉しいですね。
夏休みとはいえ平日なので車も少なめで走りやすいです。
白馬の王子様や、草むらに潜むレーダーマンに気をつけながら進みます。
今日は6速封印。4速、5速3000rpm程度で流します。
(注意:走りながらの撮影は危険です)

20080806c_rt_ice ツーリングって程のものではありませんが、気分を盛り上げるために?ソフトクリームを食べてみました。ミニストップですが・・・。
冷たくて、糖分が疲れを癒してくれるのでツーリング休憩ではソフトクリームを食べることが多いです。(普段は全く食べません)
しかしともかく暑い!

20080806d_rt_left 朝シャン&バリアスコートしてきたのでボディはピカピカです。
信号で並んだ車からは
「妙にコンモリしたバイクに少し驚いた表情」
の後に
「BMWのマークでなぜか納得」
という反応が多いです。

20080806e_rt_right特徴的なボクサーエンジンですが、RTの場合上から見るとこの程度しか飛び出していません。
どちらかと言うとマッシブなカウルとパニアの印象が強いようです。
色も色なので、この時期「暑苦しい」印象にならないようにシャンとした格好で乗るようにしています。実際は走っている限りそれほど暑くはありませんが・・・

20080806f_rt_rear テールランプも特徴的な造詣ですが、プロペラマークは小さくて控えめです。
おそらく停車しないと気づかないでしょう。ゴールドウィングなんかと同じく、大きなスクーターって感じで見られていると思います。

20080806g_rt_brake

新品から7000Km以上使ったRブレーキパッド。
まだまだいけそうです。前後連動ですが、そーっと足で踏むとRだけが効いているようなので減りが心配でした。思ったほど減らないようで一安心です。
パッド残量点検は左側からが見やすいです。右側からはほとんど見れません。

20080806h_rt_tire 150Kmのテストランを終えたRタイヤ・パンク修理跡。
今のところ漏れている兆候は無いです。
穴が溝の底部分なので、ゴムが薄くてそのうち緩んで抜けてしまうかもしれません。まだタイヤ交換はしたくないし、困ったものです。

20080806i_rt_meter20080806p_rt_map_2

往復:150Km
燃費:不明
事故トラブル:無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンク!

2008年8月5日(火)25,550Km

ガソリンスタンドでガソリンを入れた後やることといえば・・・・・

  1. トイレ(行ける時に行く、というのが鉄則ですね)
  2. トリップメーターのリセット
  3. タイヤのローテイションチェック

1はともあれ、2は燃費計算の為。そして3は磨耗とパンクの確認です。
実際これで救われたことが過去に2回あります。
そして今日、3度目・・・・。

20080805a_rt_punk_2後輪に大きなステプラーの針のような金具がグサリ。 そっと抜いてみるとプシューッと空気が抜けます。
まあ、こういうときのためにGSで点検しているわけですが、バイク屋さんではないので修理はあくまで応急的です。修理費1100円。

さて、このタイヤ、およそ7000Km走って、磨耗具合はまだ半分以上の余命がありそうです。このパンク修理、いつまで持つでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨とバリアスコート

2008年8月4日(月)25,400Km

今日は夕方から久々の雨。しかも豪雨!
帰宅時はほとんど収まっていましたが、浦安近辺では滝のような雨にあいました。

20080804a_rt_night あまりの雨量に路上の塵がすっかり流されていたこともありますが、帰宅後ほったらかしで30分、雨滴が乾くと側面にはほとんど跡が残っていません。この辺はポリラックも得意とする部分でしたが、バリアスコートもたいしたものです。まあ、タンク上面には汚れが残りますし、バリアス特有のヌメッとした艶が減りますので再施工したくなるのも事実ですが・・・。(後輪の前にあるのがマワールです)

20080804b_rt_front_2

雨の弾き方は特徴的で、コロッコロになるわけではなく、水滴が塗装面にくっついている感じです。試しに塗った自宅のステージアのボンネットでも同様で、ポリラックなら40Km/hも出すと津波にようにボンネット上で水滴が流されるものですが、バリアスコートは70Km/h程度で動き出しますが「津波」にななりません。

ともあれBMWのバイクは融雪剤の国で育ったせいか、こうやって雨の夜に帰宅した後で洗車や注油をしなくてもすぐに錆たりする部分が無くて実用的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル交換(8月)

2008年8月2日(土)25,300Km

結局交換してしまいました
銘柄はカストロール RS10w-50
今まで(4輪で)使ったことのあるオイルのうちもっとも「硬い」印象のあるオイルの1つです。
先日フィルターは調達してあるのですが、今回は敢えて交換せず、フラッシングも無しです。3.5リットルだけ使って500ccは補給用に温存です。

20080802a_rt_oilchg_3 交換風景。自宅庭にて
20080802b_rt_sight_2 新オイルを入れているところ
20080802c_rt_under_2オイルが落ちるのを下回りを洗ったりして待ちます
20080802i_rt_front 交換後の試走
20080802j_rt_rear 近所の公園です
20080802k_rt_meter とりあえず2500Kmもちますか・・・

試走の印象としては、かなり「硬い」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューティンググラス(その2)

2008年8月2日(土)25,300Km

先日追加購入したS&Wのシューティンググラスが届きました。
自宅にいながらにして安い店から購入、3日後には配送とは便利な世の中です。

20080802e_rt_sung これで3色揃いました。
20080802f_rt_cleae クリアは夜間用。
20080802g_rt_yellow 黄色は夕方曇天用
20080802h_rt_gray グレーは昼間用。

実際装着してみると、黄色のコントラストの良さに驚きます。
色合いとしては「夕焼け」って感じですが、風景のエッジが際立って確かに曇天時にはよいかもしれません。(長時間着けていると色調に飽きるかもしれません)
20080802d_rt_pocket 収納はこんな感じ。

クリアのマグナムはツルが軟らかくてヘルメットをかぶっていると掛けにくいです。風の巻き込みはほとんどなくて快適ですが、しばらくはグレー/黄色の2色体制でいってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯から

2008年8月1日(金)25,100Km

そういう機能があるそうなので携帯から投稿してみました。
写真も送れるようです。

エンジンオイル(日産エンデュランス)は交換から1200Kmほどになりました。残念ながらだいぶフィーリングが悪くなってきています。でも今までの鉱物油に比べればまだまだいけそうです。問題は消費量。これも鉱物油にくらべれば減りにくいような気もしますが、現時点でサイトグラスの半分くらい。補給したくても、4リットル缶のうち、500ccを交換時のフィラッシングに使用してしまったのでもうほとんど残っていません。まだペール缶を買う決心はつきませんし、次なる試験体?としてカストロールRSも買ってしまったことだし、・・・・どうしましょうか。

シューティンググラスはなかなか快調です。風の巻き込みは大変少なく、普通のサングラスとは比較になりません。軽い事と視界に歪が無い為に装着していてもストレスがありません。難点はヘルメットをかぶっていると着ける時に工夫がいること。
いずれにしても80Km/h以下で走る一般道ではほとんどこれをしてヘルメットのバイザーを開けて走っています。

携帯通勤途中で寄ったコンビニにて。

携帯だいぶくたびれた夏用グローブ

携帯活躍しているシューティンググラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »