« 小傷補修-ホルツ エアープラス | トップページ | 携帯から »

シューティンググラス

2008年7月29日(火)24,900Km

RTはウィンドプロテクションが大変優れていますが、シールドをある程度下げて、ヘルメットのバイザーを開ければ走行風を顔に感じながら走ることはできます。でもそうすると埃や虫!が目に入りやすくサングラス着用が前提でしょう。
はるかぱぱの場合、バイザーがクリアなので昼間は大抵サングラスを着用しています。降車時もタンクの上にオキッパにしているので、100円均一で買った超安物です。
夜間(帰宅時はほとんど真っ暗です)はサングラスって訳にはいかないので、無色の保護(防護)メガネを使うことにしました。

色々探してみたところ、射撃などで使用するシューティンググラスがもっとも用途に合っているようなので1つ買ってみました。

買ったのはSmith & Wessonのマグナムというモデルです。今日届いたので早速試着してみましたが、結構良くフィットしました。レイバンなどの米国製のサングラスは、日本向けに製造されたものを除くと鼻の高さが足りずにずり落ち気味になることが多いので心配していたのです。まあ、値段が安いので試しに、と買ってみたわけですが、失敗ではありませんでした。
気をよくして今夜さらに2つ(今度はイエローとグレー)を追加購入してしまいました。
イエローはエリートというモデル。黄色いレンズは視界のコントラストを上げるので曇天時などに使用します。
グレーはイコライザーというモデルです。今までの100円メガネでは目を傷めそうなので少しだけ投資をすることにしました。暗いレンズのサングラスは瞳孔を開く効果があるので、しっかりUVカットされないと目を傷めます。レイバンなら2万円のところですがS&Wなら2千円なので気軽に使えますね。

これで夏の間はバイザー上げっぱなしになりそうです。

20080729c_rt_magnam これがマグナム。
20080729b_rt_elete こちらエリートです。
20080729a_rt_equalizerそしてこれがイコライザー。

|

« 小傷補修-ホルツ エアープラス | トップページ | 携帯から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューティンググラス:

« 小傷補修-ホルツ エアープラス | トップページ | 携帯から »