« 1150RTですり抜け | トップページ | シューティンググラス »

小傷補修-ホルツ エアープラス

2008年7月25日~26日 24,500Km

週末天気が良かったので立ちゴケで傷ついたミラーの補修を行いました。
ちょっとした傷を治すためにタッチペンが一般的ですが、今回はもう少し違った方法で直してみました。
準備したものは、

  1. 純正タッチアップペン
  2. バンパープライマー
  3. プラサフ
  4. ポリパテ
  5. ホルツ エアープラス
  6. オービタルサンダー
  7. シングルアクションポリッシャー
  8. マスキングテープ
  9. 紙やすり(320、800、1200番)
  10. 研磨剤(1200、2000、3000番)

ほとんどが手持ちの材料で済ませました。
海王のバイアリッツブルーは同じ色がスプレーなどで市販されていなくて、塗装屋さんにお願いする以外には純正タッチアップペンしかありません。(オーダーで調色してもらうサービスでもデータが無いらしく断られました)
これを使うためにホルツのエアープラスという新兵器を調達しました。これは好きなペイントを中に入れて吹き付けられる簡易エアーガンのようなです。類似品がソフト99からエアータッチとして出ています。

20080726a_rt_before これが補修前。ぜんぜん別の紺色でタッチアップ
20080726b_rt_2 まずはマスキング。
20080726c_rt_3 320番のペーパーで磨きをかけます
20080726d_rt_4 きれいに拭くとこんな感じ
20080726e_rt_5 ここにポリパテを塗ります
20080726f_rt_6 サンダーで研磨。仕上げは手作業。
20080726g_rt_7 仕上がったらバンパープライマーを塗布
20080726h_rt_8 乾燥後プラサフを塗布
20080726i_rt_9 マスキングをしなおして脱脂
20080726j_rt_10 エアープラスでタッチペンの中身を噴霧
20080726k_rt_11 乾燥後1200番で足付け
20080726l_rt_12 最期にウレタンクリアを吹きます
20080726m_rt_13 ポリッシャで磨いてできあがり、ですが・・・
20080726n_rt_14 納得できない部分もあり、やり直しの予定

大体感じがつかめたので、もう一度やり直す予定です。それにパニアの蓋も塗装したいのですが・・・・

20080726p_rt_holts ホルツ・エアープラスはこんな感じで使います
20080726q_rt_hitachi 日立SP13。プロ用のポリッシャです。

|

« 1150RTですり抜け | トップページ | シューティンググラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小傷補修-ホルツ エアープラス:

« 1150RTですり抜け | トップページ | シューティンググラス »