« レギュラーガソリン | トップページ | オイル漏れ(その後) »

モレ漏れ

2008年6月11日(水)20,442Km

出先でふとパニアケースが汚れているのに気づきました。
ん?オイル??

パニアよりも前側でオイルが漏れているって事に気づくまでに10秒。たどってみて左シリンダーヘッドからオイルが漏れているのに気づくのにさらに10秒。ガッカリして落ち込むこと30秒、でしたが、用事を控えていたのでともあり帰りにオイルを買うことにしてまずはお仕事。

先日交換したエンジンオイル。20w-50が入手できなかったのでとりあえずCBの余りもの(10w-30を使いました。漏れるとは聞いていましたが、そこは現代のエンジン、滲むことはあってもそんなにすぐに漏れるとは思いませんでした。

さて、帰り道途中にあったホームセンターでバルボリン20w-50(SMグレード)550円/1QTというやつを発見。とりあえず5本購入です。このような突発的な買い物でもちゃんと収納できてしまうのは大したものですが、できればオイルが漏れないほうがいいと思ったりもします。

帰宅後すぐにオイル交換。まだフィルターの手配をしていないのでドレインしたあとで1本入れてフラッシング。再度ドレインしてのこり3.5リットルいれました。
あわせて周りの清掃。飛び散った量は少ないようで一安心。ドレイン前のサイトグラスでも減った様子はありませんでした。

さて、交換は無事終了ですが、ところでどこから漏れたのでしょうか?濡れていたのはプラグカバーの黒いプラスティック。でも中を見てもそれほど汚れいていません。シリンダーヘッドをとめているボルトヘッド回りもその気配無しです。ヘッドとシリンダーのあわせ面は怪しいですが、そこから漏れたオイルがプラグカバーにはつかないでしょう。最も怪しいのはオイルフィラーキャップ。漏れたと言うよりもオイルを入れたときに回りの溝に溜まったオイルが走行中負圧で吸い上げられて後ろに飛んだ、なんて想像します。そうだとしたらオイル交換は無意味だった?

まあ、粘度が低いことは気になっていたので良い機会だったと思うことにしましょう。とりあえず様子見です。

20080611a_rt_leak

これがモレ漏れの図
プラグカバーがベットリ濡れています。
不思議にあまり臭いませんでした。

20080611b_rt_paneerパニアにはこんな感じで飛沫がついています。
はじめは「何これ?」って思いましたが・・・ 

20080611c_rt_inside

プラグカバーをはずしてみても
リーク源は特定できず。
どこから漏れたのでしょう?

20080611d_rt_oil

今回入手した
バルボリン20w-50
うわさのシェブロンと同じ感じの直輸入品。

20080611e_rt_drain

エンジン下部は少しだけ洗ってみました。
やっぱり何かケミカルを使わないと「きれいサッパリ」とは行きませんね。

20080611f_rt_meter

|

« レギュラーガソリン | トップページ | オイル漏れ(その後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モレ漏れ:

« レギュラーガソリン | トップページ | オイル漏れ(その後) »