« レインダンサー 実践編 | トップページ | 定例オイル交換(7月) »

バリアスコートを使ってみた

2008年6月28日(土) 22,130Km

久々に新しいコーティング剤を買ってみました。といってもドライバーズスタンドのポイントがたまったので還元したまでですが・・・。

今回導入したのはWako'sのバリアスコート。ネット上でもそれなりに評判がよろしいようです。
早速洗車の後に使ってみました。濡れたままでも施工できるようですが、拭き取りのときに水が垂れると拭き取りウエスが濡れるので一通り引き取ってからスプレーします。
塗りこみ用のウエスで伸ばして、拭き取り用のウエスで吹きながら磨きこみます。
特に乾燥時間は不要ですが、湿度の高い今日のような日にはきれいに拭き取るのが結構大変でした。

さて、出来上がりは、と言いますと・・・

  1. 直後に見た感じでは、普通のきれいさ。ガラス系コーティング独特な硬い艶はありますが、騒ぐほどの艶でもありません。
    施工は確かに簡単だけど、艶はポリラックとほとんど変わらずって感じです。
    このときは、次回からはステジー(我が家の4輪)行きだな、と考えていました。
  2. 30分程度たってから再度確認すると、かなりビカビカな艶を発していました。確かにネットで噂になるほどの艶って感じになっています。
    まあ、次回も使ってみるか、と考えを変えました。

【気づいた点】
はるかぱぱはスプレーのものは直接噴霧せずにウエスにとってから使うようにしていますが、バリアスの場合そうすると使いづらくて直接吹いてみました。結果やはり不要なところに飛沫が飛んでガッカリです。
また、湿気との関係か、仕上がりが少し白濁する傾向があります。しばらくしてから更に乾拭きをすれば綺麗になりそうです。専用ウエスでないと拭き取りもあまり簡単といえません。

20080628f_rt_front洗車終了

20080628g_rt_cowl 艶はこの程度

20080628h_rt_tank ねっ、少し白濁している感じがするでしょう?

20080628i_rt_meter 来週末はオイル交換です

20080628j_rt_garage そして30分がたって・・・・

20080628k_rt_various  スプレーと、専用クロスがセットになっています。

20080628d_rt_battery バッテリーを買いました。用途は・・・・

20080628e_rt_xena これ。堅牢なつくりと警報が魅力のXENA。
使い始めて1ヶ月ですが、風もないのに誤作動するようになりました。結構大きな音なので近所迷惑です。代理店(有)エーアンドエーに問い合わせたところ「出荷時についているバッテリーはモニター用なのですぐダメになるから換えてくれ」とのこと。バッテリーはご丁寧に「LR、SR44ともに正しく作動しないケースが多く報告されています」だそうで、勧めの専用バッテリーを探すにも、その辺では売っていません。鍵本体を買ったライコランドでは「在庫はないし、注文は電話では受けられない」だと。まあ、いたずらも多いのかもしれませんが、在庫無し品の注文の為だけに来店を求められてもねえ・・・。
改めて調べてみるとXENAのオンラインショップというのがあってバッテリーも売っていたので注文したところ、次の日には配達されました。
出荷時のバッテリーって容量減らすことでコスト削減になるのでしょうか?それとも在庫期間がとても長くて既にディスチャージしちゃってるって事?1ヶ月でなくなる電池を作るほうが難しいと思うのですが・・・・。

ところでこのXENA
XPL-69、仕様では防水ってことになっていますがよくよく読んでみると国際基準IP44って規格は「いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない」て事らしいので、雨の中に放置してよいって事ではないようです。実際、雨で濡れたあとでは動きが渋くなったので注油したところ直りました。そに惹かれて買ったのに少しがっかりです。
バイクの場合、鍵が雨に濡れる事も多いのでちゃんとした防水性能を有した鍵が欲しいものですね。

ちなみにバッテリーを交換したXENA君は今のところ誤作動なく働いてくれています。

|

« レインダンサー 実践編 | トップページ | 定例オイル交換(7月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリアスコートを使ってみた:

« レインダンサー 実践編 | トップページ | 定例オイル交換(7月) »