トップページ | 2008年6月 »

2008年5月に作成された記事

洗車

2008年5月29日(木)19,300Km

私は洗車が好きです。
洗車族、洗車マニア、洗車フェチ・・・いろいろ言えますが、ともかく洗うのが好きです。

続きを読む "洗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パニアケースの薄蓋

2008年5月28日(水)19100Km

プラッツ愛媛からプレゼントしていただいたパニアケースの薄蓋が届きました。これが無いと、車両後部の幅はミラー幅よりも外側に張り出した格好になります。渋滞時などのすり抜けには、あまり半クラを使えないこととあわせてかなり勇気が必要です。
帰宅は遅かったのですが、明日以降の通勤を考えて早速加工/装着をしました。
ノーマルのケースの蓋はチェリーリベットで留められているので、まずこれを飛ばさなければなりません。ドリルでモミモミして取り外し、薄蓋付属のボルトで留めて完成です。
おまけでつけてもらった蓋なので傷が目立ちますが、近いうちにボディ同色ペイントをしたいと思いますが、塗ると結構指紋が目立つので梨地のままも良いかな、とも思います。
とりあえずこれで少しは安心して通勤できます。

↓取り付けられた薄い蓋と取り外されたフルサイズの蓋

20080528a_rt_rear_220080528b_rt_box20080528c_rt_lid   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主要諸元

2008年5月27日(火)

ところでBMW1150RTってどんなバイクでしょう。ネットで調べてみると・・・・

R1150RTのスペック

エンジン形式 空油冷水平対向2気筒4サイクル
ボア×ストローク 101×70.5mm
総排気量 1129cc
最大出力 95ps/7250rpm
最大トルク 10.1kgm/5500rpm
全長 2230mm
シート高 780/800/820mm
装備重量 290kg
ホイールベース 1475mm
ガソリンタンク容量 25.2L
オイル容量 ――
タイヤサイズ 120/70-ZR17(前) 170/60-ZR17(後)

といった感じです。

今回車種選考をするにあたってあげた条件は、

  1. 航続距離:350Km以上(今は2日に1回給油。これ以上はイヤ)
  2. 全長2400mm程度まで(ガレージ内の転回の制限)
  3. 全幅850mm  (通勤に使いますから)
  4. シート高800mm以下 (自分の脚の長さ相応)
  5. シャフトドライブ/ベルトドライブ (一番手間のかかるチェーンメンテから開放されたい)

といったものです。

考慮した車種は

  • R1200CL
  • R1150R
  • R1150RT
  • YAMAHA DSC1100
  • YAMAHA XJR1300
  • XL1200R
  • FXDL
  • VMAX
  • VTX1800

といった面々です。

大抵(特にアメリカン)は1.の条件で落伍です。
巨大に感じるサイズは実は1150Rとさほど変わらないんですね。私自身、FUKUDAオートさんでRTとRが2台並んでいるのを見て初めて気づきました。SPEC的には幅が制限オーバーですが、ミラーがボディーに含まれるので、実質的にはそれほど幅広ではありません。(まあそれでも広いですが・・・)

結局合格点なのはRT、Rくらいでした。これから先、老い行くことを考えていかにもBMWっぽいRTに白羽の矢がたったわけです。

1150RTには大きく分けてシングルスパーク(02年まで)とツインスパーク(03年以降)仕様があります。今回購入したのは本当の最終モデル(04年生産)で、エンジンはツインスパークになっています。1150は1100RTと同一の基本構造をもっていますので、8年目の成熟が期待されます。

まあ、4輪を含めドイツ車の買い方としては最終モデルっていうのがセオリーですが、実際に買うとなると新しいモデルは結構なお値段です。(誰もが考えることは同じな訳です)02年モデルは100万円を切るあたりから流通しているにも関わらず、04年になると20~40万円Up。程度の良いディーラー扱いの認定中古車になると更に+20万といった相場観です。正直ボリすぎって感じですが、今回は長ーく乗ることが前提なので、少しでも良い条件の固体を探しました。
あわせてこだわりの色、バイアリッツブルーが決め手でした。あえて定番のチタンシルバーではなく、明るめの濃紺にしたのは、古くなったときの「枯れ方」も考えた結果です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいのり

2008年5月26日(18900Km)

芝刈りバリカンを買いにホームセンターまでちょいのり。
この程度の荷物なら簡単に飲み込めるパニアケースはやっぱり便利です。田舎道を走ってみてわかったことは、5速、時速60Km程度で流すとかなりキモチヨイということ。
急かさない波長のエンジン音が心地よいです。
途中近所の公園で記念撮影して帰りました。

20080526a_rt_front20080526b_rt_front220080526c_rt_rear_220080526d_rt_meter20080526e_rt_joyfull_2

20080526f_rt_beer帰宅後に早速芝刈り。終わった後はサザエママお手製のピクルスをつまみに海王を眺めながらデッキで一杯。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銘銘(命名?)-海王

2008年5月25日(日)18900Km

午前中、初洗車に勤しみました。
ツルンペロンとしたボディは中々洗い心地の良いものです。その代わりバイク特有の機械っぽさはあまりないですナ。

そしてニックネームを命名しました。
海王(カイオウ)号です。
けっして断じてPOKEMONのカイオウガが由縁なんてことは絶対にありません。たぶん。

20080525a_rt_side20080525b_rt_front20080525c_rt_upper20080525d_rt_light20080525e_rt_around    

タンクにはDOKENのタンクパネル(革のカバー)、ガスキャップにはモトフィズのタンクバッグアタッチメントがつけっぱです。どちらもあまり質感が高くないのでどうしようか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納車ツーリング

2008年5月24日、25日(土日)17900~18860Km

日ごろの行いが余程悪いのか、土日は全国的に雨。しょうがないので計画していた室戸行きもXLDしてしまなみ街道を使って早々に四国を後にしました。

松山→尾道→神戸→名古屋→東京→千葉

ほとんど高速で、およそ1000Km。雨の大移動でした。

20080524c_rt_seto_3

20080524d_rt_sa_2先週は仕事が忙しくて、2度の徹夜もありました。金曜日は何とか寝れたのですが、体調も万全ではなく、サービスエリアで何度も休憩しながらおよそ12時間かけて帰着しました。こんなときSAには必ず屋根つきのバイク駐輪スペースがあって助かります。

1150RT。すばらしいバイクです。まだその実力の片鱗しか見えていませんが、時速100Km+程度で巡航していると、本当にどこまででもいけそうな気がします。(眠くなりさえしなければ・・・ですが)
道中、これでもかという雨でしたが、風雨の影響はとても軽微で、
 ・まったくの新品タイヤ
 ・大雨
 ・夜
というの悪条件にもかかわらずリラックスした12時間でした。

今回はETC初利用となりましたが、噂通りの便利さですね。
こんな雨の中で料金所でチケットやカードのやり取りをするのは気が滅入りますが、ETCならスパッと走り抜けられます。深夜割引(40%Off)が適用されるのも大きいです。
途中で定額別料金の道路(首都高など)を使うと、そこでいったん清算されてしまいますので割引区間が限定されてしまう可能性があります。名古屋を深夜0時前に越えるときは伊勢湾道路を使って迂回しないと、それ以前の区間は割引にはなりません!要注意。

今度は天気の良いときにいきたいですね。四国
Matsuyama

トラブル:なし
燃費:20Km/l
費用:高速代(1万円強)←ETCの深夜割引のおかげで40%Off

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納車!

2008年5月24日(土)17900Km

とうとう納車です。納車といっても、松山のディーラーまで飛行機で受け取りに行って自走して帰ってくる、という納車旅行。本当だったらわくわくの四国ツーリングですが、あいにくの天候で、本当に「陸送ツーリング」になってしまいました。

今回お世話になったプラッツ愛媛「バイクハウス阿部」さん
http://www.bh-abe.com/top-bmw.html
はすばらしいディーラーでした。
店内には他のお客さんがコーヒーを飲みに来ていたり、で居心地がよさそう。私は残念ながら頻繁に訪問することは難しそうですが、創業30年。ちゃんとした商売をされてきたんだと思います。BMW営業担当のSさんもとってもよい人です。

20080524a_rt_meter

20080524b_rt_maintenance_2

受け取りの説明の段階で頼んでいたETC装着を忘れていたことが発覚!?したりして、再度入庫。その場でセットアップしてもらいました。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年6月 »